SONY DSC

’14年12月28日(日)〜’15年1月4日(日)まで、年末年始のお休みをいただきます。
Online shopでの注文はお受けしますが、発送は1月5日(月)より順次ご対応いたします。

フラクタス工房での作業は本日仕事納めです。
とはいえ、松屋銀座の直営ショップは1月1日元旦のみのお休みで、オープンしております。
ただいま出来立てのグラノーラをせっせと松屋用に梱包しておりますので、東京のお客様はご安心を :>

2014年は、人、店、モノ… とにかくいろんな出会いがあった年でした。
来年がますます楽しみです。
どうぞ引き続き宜しくお願いいたしします。

それでは、みなさん良いお年を。☆

SONY DSC

SONY DSC

フラクタスがお世話になっている高橋農園さんに、先日お邪魔しました。

高橋さんは福岡県の糸島で、25種類以上の柑橘フルーツ、ブドウや柿、お野菜などをなるべく自然に近い状態で育てています。そしてとれたての果物を、専門機械を使って2カ月間じっくり乾燥し、衛生管理をキープしながら素材の甘さをギュッと濃縮したドライフルーツも生産しています。
フラクタスでは千駄ヶ谷のショップ時代にお野菜を売ったり、ここの果物を使ったネーブルシロップも販売していました。フラクタスオーナー自身も深い繋がりでお付き合いしている農家さんです。

SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC

今日は、ドライフルーツを受け取りに。これが、新春グラノーラで使う予定のドライのイチジク。日本古来の在来種の「蓬莱柿(ほうらいし)」という品種で、大きくて色付きが淡く、上品な香りと甘さが特徴です。うん、ドライだけどフレッシュ感がある!ほかの柿、ネーブル、みかんも、シンプルにこれだけ食べたくなるほど美味しいなぁ。

SONY DSC

裏山の畑を案内してもらいました。ここもあそこも高橋さんの畑でビックリ!こちらでは、同じ土に複数の苗を交互に植えて害虫を回避しながら、あえて雑草と共存する環境で育てられています。広大な畑でできた強くたくましい農作物たち…、驚くほど味が濃いんです!葉ものもピンッと元気で、その場でちぎっていただきましたよ。
また、たくさんの柑橘系も育てていて、少数多品種のラインナップだそう。身が大きくてしっかりしてる!ちなみに、少し先のお話ですが、こちらで穫れたネーブルを使ったグラノーラを制作予定です。

目的のイチジクのドライフルーツをいただいて、まもなく発売する新春グラノーラの準備に備えます。どんなお味に仕上がるか、ご期待ください。

さぁ今夜はクリスマスイブ!
どんな食卓でみんなを迎えようか、いろいろ悩みますよね。それは、自宅パーティが増える年末年始も然り。。
簡単に、でもちょっとオシャレに、もちろん美味しく。むむむ、これが一番難しいのです。いわゆる、「チャチャッともてなしメニュー」に頭をかかえる私たち。。むむむ。

ところで、グラノーラは朝食やおやつとしてはもちろんですが、実は料理の材料としても使える万能キャラだということをご存知でしょうか?ミルクやヨーグルトをかけて食べるのが全てではないのです。今回は、そのグラノーラの隠れた才能をお伝えしながら、パーティシーズンに活躍する「チャチャッともてなしメニュー」をご紹介していこうと思います。

スペシャル講師は、福岡在住の料理家、COOKLUCKの広沢京子さん!フラクタスのオーナーの友人でもあり、地元農家と組んだイベントや、全国誌のお仕事でも大活躍する憧れの方です**

SONY DSC
SONY DSC

それでは広沢さん、お願いしま〜す。

●ジャガイモのポタージュ×エジプト塩グラノーラ(大さじ1)
SONY DSC
SONY DSC
シンプルなジャガイモのスープにエジプト塩グラノーラを一振り。まろやかなポタージュの中で、エジプト塩の塩分とスパイスがアクセントとなり、グラノーラのサクサクした食感も楽しいです。味わいが何層にも広がって、これはお見事!
※三文レシピ※
玉ねぎの薄切りをバターでしんなりするまで炒め、同じく薄切りしたジャガイモとカリフラワーも一緒に炒める。水をひたひたに入れて、蓋をして数分蒸すような感じで煮る。柔らかくなったらピューレして、お好みで牛乳やブイヨンを。「ややトロミが強めの濃い方が好みかも」

●サラダ×Take a Break(大さじ3)
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
フレッシュなサラダに、グラノーラのクランチ感が効いて、何気ないサラダが技ありメニューに変身。レモン果汁、塩、オリーブオイルのドレッシングだと、Take a Breakとの相性が良いです。また、サラダにリンゴやオレンジなど生のフルーツを入れると、ドライフルーツとうまく馴染んで一層美味◎。ちなみに、広沢さんは、このTake a Breakがお気に入りだそうです。
※三文レシピ※
水菜、ルッコラを好みの大きさにカットし、赤大根とリンゴは薄切りしたら塩とレモン果汁を少しかけておく。これらをボールに入れて、レモン果汁・塩・オリーブオイルを少々と、ドライフルーツグラノーラを大さじ1杯入れて、全体的にあえる。お皿に盛った後、さらに上からドライフルーツグラノーラを大さじ2杯かける。

●カボチャのサラダ×ナッツグラノーラ(大さじ4)
SONY DSC
SONY DSC
ナッツグラノーラが具と化した一品!ゴロゴロ入った香ばしいナッツが風味付けに。そして、口滑らかなカボチャのサラダと、ザクザク&ガリガリとしたグラノーラの食感のギャップも癖になります。
※三文レシピ※
カボチャを茹でてすり潰し、クリームチーズを入れて馴染ませる(サワークリームでも◎)。ナッツグラノーラをた〜っぷり入れて混ぜる。お好みでブラックペッパーをふりかけましょう。

はぁぁぁ。とっても美味しかったです。
いたってシンプルなのに、そこにグラノーラが加わると、新しい風味・食感・味わいが広がって、インパクトや感動が増すのです。しかもメニューごとにグラノーラの種類を使い分けているのもポイント!使う食材との相性や、隠し味としての伸び白を引き立てたレシピとなっております。そうそう、盛りつける器やカトラリーの見せ方も、おいしく見せる演出として大事ですよね。ほんと、簡単で美味しくて、見た目も小洒落てて…、まさに私たちが求めていた3拍子。広沢さん、ありがとうございました!

SONY DSC

今回は、広沢さん宅の素敵なキッチンにお邪魔して、フラクタスのグラノーラを使った料理を提案してもらいました。この感動、美味しさ、使い勝手の良さ… いろんな人に伝えなくちゃ!
…ということで、広沢さん家のグラノーラメニュー【第二弾】の近日公開が決定!お楽しみに〜 :>

突然ですが、今日から不定期連載(!?)として始めるこのコーナー。
タイトル通り、フラクタスにゆかりが深い卸先のショップをきちんとご紹介したくて、私たちとの出会いのエピソードや裏話などヨモヤマ話を交えてながら語っていきたいと思います。そう、HPのコンテンツ「Stockist」を一つひとつ丁寧にお伝えする“特別編集版”です! まずは第一回目となる小話を、おひとつどうぞ。

フラクタスが東京から福岡にやってきて2年。
福岡へ来た理由はこのお店、いやいや、この店主の存在が必要不可欠でした。それは、大橋のライフスタイル&雑貨ショップ『organ』の店主、武末さんです。

SONY DSC
名称未設定
もともとフラクタスのオーナーは、家具の卸を業としていて、武末さんとはそれこそ10年以上前に、共通の知人(dieciオーナー)を介して知り合いました。メールでコンタクトを取り合いつつ、初めて会ったのは当時フラクタスが拠点としていた東京にて。武末さんがわざわざ会いにきてくれて、一緒に食事したり、家具のことを語り合ったそうです。その後二人は、旅先のアメリカで合流しデザイン巡りするような仲にまで発展しました。

こうして交流のスタートは、家具とデザインから。そして、オーナーがジンジャーコーディアルとグラノーラを始めると決心した際に、武末さんは「面白い!」とナイスなリアクションで、福岡でいち早くお店でフラクタスの紹介をしてくれたのでした。今でこそ「グラノーラ」は定番食品として世間に広がりましたが、当時はまだまだ認知度が低くかったので、今ふりかえると、「これは結果論だけど、彼には先見の明というか、良いモノへの嗅覚力があるよね」と武末さん。福岡の重要無形文化財(と勝手に思っている)の武末さんからそんな言葉、嬉しくて照れ照れニヤニヤしちゃいます。懐かしさに浸っていたら、当時初めてorganさんで行ったポップアップショップのフライヤーを、奥さんの朋子さんが棚から持ってきてくれました!

SONY DSC

う、つ、く、し、いー!
初のポップアップショップは2012年4月のこと。写真のいちごは、新作用のドライのあまおうを大橋まで見せに行って、おもむろに並べた姿がキュートかつラブリーだったので、朋子さんがその場で撮影したものです。こうやってフライヤーのビジュアルに実際飾れるほど、アーティスティック&フォトジェニックなものだったんですね〜!

この福岡の農家さんと作った「あまおうグラノーラ」を主役に、フラクタス×福岡としてのポップアップショップをorganさんで行い、その後もフラクタスの商品を取り扱ってくださるように。これを聞きつけて、福岡のお客さんはもちろん、地元の雑誌などのメディアにも【FRUCTUSのグラノーラ】のキーワードが広がった気がします。
個人的には、食材の取り扱いがほとんどないorganさんにて、フラクタスの商品を置いてもらっていることが、嬉しくもあり、誇りに思います。

SONY DSC

SONY DSC

さて、そんなorganさんは大橋駅の直ぐ目の前にあります。ビンテージな佇まいがカッコいいビルディングの4階まで上ってください。そこには、ヨーロッパを中心とした国内外の古いもの、デザインに優れたもの、日用品となるもの、飾るもの、愛でるもの… とにかく素敵なアイテムが並んでいます。雑貨雑貨に限らず、音楽やアート、もちろんフラクタスの商品も。

organさんの愛犬、ゆきぽんにも会えます。この子(厳密には子じゃないけど、なんだか…子なんです←矛盾)、本当に優しくて穏やかで、上目遣いとか本当に愛くるしくてたまりません!

SONY DSC
SONY DSC

ちなみに、organさんに行ったら、近所の珈琲屋『手音』さんにもぜひ。この2件を訪れるだけで、なんてことのない日がとても美しく、充実した時間に思えますよ。コーヒー一杯と、田中博子さんのフルーツケーキ。言わずもがな、美味しいです。

SONY DSC

そんな感じで、今日の小話はおしまい。それではまた :>

■■■ フラクタスな人々 note.1

organ
福岡市南区大橋1-14-5 Take1ビル4F
TEL 092-512-5967
Open:13:00〜19:00
CLOSE:月・火曜
http://organ-online.com/

ついに、フラクタスのイメージ動画ができあがりました!

見ていてワクワクしてくるこの気持ちは、グラノーラを食べた時のあの高揚感に近い気がしますネ♪

リズミカルに、丁寧に、手作りするグラノーラ。
FRUCTUS缶とシンクロした、カラフルなワンピースを身に纏った女の子たちが、
街のお店やカフェ、いろんなご家族にお届けしています。
みんなの笑顔も印象的です。

ぜひご覧ください**

撮影秘話や関わった方々の裏話は、また追って、このブログでお伝えしますね。
お楽しみに!

hakata_02

こんにちは。
寒い日が続きますね。
冷えた体にホットジンジャーがポカポカ染みわたります。**

さて、私たちは現在、博多駅で期間限定ショップをopenしています。
天神界隈には卸ショップがいくつかありますが、”博多駅直結”というのは今回初の試みです。

FRUCTUSの限定ショップは、博多駅の地下にて。
博多阪急のデパ地下、地下レストランフロア「博多一番街」、お土産フロア「博多小径」。
この3つの入り口の境界線部分にあります。エレベーター裏というのも目印かな、

通勤途中やショッピングの方に、サッと立ち寄ってもらえる便利な場所です。

hakata_03

断トツ人気の【ナッツグラノーラ】と、スペシャルな【ドライフルーツグラノーラ】、
そして、なんといっても本命は、ギフト仕様の【クリスマスグラノーラ】でしょう!
ご家族やお友達へのプレゼント、自分へのご褒美にどうぞ。

12月25日(木)までの期間限定出店です。
博多駅でお待ちしております。*

**********************************
AMU Limited shop
12月12日(金)〜25日(木)
10:00〜21:00
アミュプラザ博多 地下1F 博多小径前にて
**********************************

fructus01

fructus2

こんにちは!
関東の皆さん、いつも松屋銀座にお立ち寄りくださり、ありがとうございます。

つい先日のお話ですが、
松屋銀座のショップをリニュアールしました!
これまでの量り売りをストップし、品質のキープと徹底管理のため、
すべてパッケージ販売することにしました。

ただし、量り売りのピリーターさん、ご安心を。
400gのお徳用袋をスタートしましたので是非。
初めてという方には、80gのお試し用を準備しております。
一層おいしいグラノーラ・ライフをお楽しみください。

これに基づき、ディスプレイも変わりました。
シンボリックなフラッグを立てています。
旗は福岡・薬院にある、MUTSUKADO FAB STATIONより、
ポールは鹿児島のcrate盛永省治さんによるものです。

それではみなさん、松屋銀座でお待ちしております!

★★★ Stuff Wanted
松屋銀座のスタッフを募集しています。
短時間の勤務も可能ですので、フラクタスのメンバーになりませんか?
勤務条件など、お問い合わせはこちらまで。
fructus48@gmail.com

8-23ブログ-2

毎月25日に数量限定で販売している『グラノーラバー』。

一本一本工房で手作りしている人気商品ですが、
12月は販売をお休みさせていただきます。
次の販売は、来年の1月25日の予定です。

New Year Granola Bar !!
次回をお楽しみに!

****
グラノーラバー』とは
フラクタスで人気のドライフルーツ、ナッツをバランスよく
配合したグラノーラを一本のバーにした限定商品のことです。
****