以前、organの武末さんご夫妻を紹介していた不定期コーナー「フラクタスな人々」を久しぶりに更新します。これはFRUCTUSと関係が深いショップの方やクリエーターを私たち目線で紹介する、“箸休め”的ブログです。どうぞ、ゆったりとした気持ちで読んでください : )

********************

この日は、福岡の南エリアに位置する久留米へ。
FRUCTUSの加工場がある福岡の中でもお付き合いが長い、『OEUVRE』『PERSICA』を営む牟田さんご夫妻の元へ向かいました。特にOEUVREは、Petrol Blue、organに続き、福岡の卸ショップとしてお馴染みであり、早い段階から取り扱ってもらっているお店。私たちの商品を素敵な写真とともに発信してくださっていたり、過去に一緒にワークショップも開催したりと、福岡を語る上でみなさんにきちんと紹介しておきたい存在です。

SONY DSC

今から3年前の2012年。話は千駄ヶ谷に直営店があった頃まで遡ります。giの幸田さんにOEUVREを紹介してもらったのが出会いのきっかけ(この頃はまだPERSICAができていない年です)。

西鉄電車で久留米まで行き、老舗のうどん屋『久留米荘』で昼食をとって、車で幸田さんとOEUVREへ。そこで初めて、牟田夫妻と会いました。
このときにgiの幸田さんが「なにか一緒にイベントをしようか」というアイデアを出して、同年に開催したのが初夏の日曜日のワークショップ。OEUVRE×gi×FRUCTUSで屋内外イベントを行い(当時のブログを発見!)、私たちは店内でカルダモンを中心としたスパイスと柑橘系を合わせたベビージンジャーコーディアルの作り方を披露して、giは庭先で藍染めのワークショップを行って…。すごく天気にも恵まれた一日。その思い出話になると、懐かしかったり楽しかったあの日の記憶が蘇ります。

その後も良いご縁は続き、牟田夫妻は東京で展示会があるたびに千駄ヶ谷のFRUCTUSのショップに脚を運んでくれました(またまたOEUVREのブログに懐かしい光景をキャッチ!)。もしかすると、拠点を福岡に移す・移さないに限らず、この引き合わせは必然だったのかもしれませんね。

SONY DSC

出会った頃のお互いの印象。

M(牟田夫妻) —— 「当時は手作りのグラノーラやフルーツシロップの存在が珍しくて、今までに見たことのない新しい風が吹いた気がしました。特にグラノーラの保存缶が印象的で…! こういう提案があるんだなぁ、とワクワクしましたね。」

F(FRUCTUSオーナー) —— 「僕はOEUVREのホームページやブログを見て、あぁ素敵だなって思った。実際にお店に行ってみると、街中にあるのに森のようなうっそうとした佇まいで、スゴイッて驚いたよ!」

M —— 「(笑)。もともとOEUVREを開店するときに雑貨アイテム以外に、ドライフルーツや焼き菓子などの“食”も提案しようと思っていたので、そのラインナップにFRUCTUSの商品はぴったりだと思いました。初めはナッツグラノーラとジンジャーコーディアルから取り扱いをスタートしたんですよね。ナッツグラノーラをサラダに混ぜてよく食べていたなぁ。」

F —— 「そうそう。そこから現在まで、ずっと置いてくれてるよね。牟田くんたちは実際に食べたときの印象を伝えてくれたり、写真でうまく表現してくれて、発信力がすごく大きい。センスの良さと、“スタイル”を感じる。」

M —— 「今やグラノーラはいろんな商品があるけれど、よくお客さんから『いろいろ試した中で結局戻るのは、FRUCTUSのグラノーラ』と聞きます。だからかな、あっという間に店頭からなくなりますよ(笑)。ちなみに、期間限定だったアップルジンジャーやオレンジのシロップは、今でも問合せがあるんです。」

OEUVREPERSICAのブログを辿ると、FRUCTUSのプロダクトである器や木のスプーン、今はなきGELCHOPとコラボしたフルーツ&ベジタブルボックスも展開していたことが思い出されます。こういう懐かしい発見が嬉しくて、過去のポストをクリックする手が止まりません。また、両店の記事を読んでいると、時代に左右されない“スタイル”のある暮らしに思いを馳せて、まるで読書をしているような良い時間。

さて、懐かしさの余韻に浸りつつ、話は現在へ。

SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC

PERSICAにも先日スタートした箱パッケージが届いています。牟田夫妻のお気に入りのモノを中心に、生産者の想いが詰まった食材や、使うことで気持ちが高揚するテーブルウエア、そしておいしい手作りデリに囲まれて、FRUCTUSのグラノーラも良い感じに馴染んでいる様子。PERSICAへ行ったら、2階のスニーカーをはじめとしたライフスタイルのフロアも覗いてくださいね。久留米で生産されている老舗シューズメーカーのアサヒコーポレーションによる『SOLS』や、同じく久留米のムーンスターの『SHOES LIKE POTTERY』など、ローカル発信のスニーカーがかっこいいんです!バリエーションも豊富で、見応えがありますよ。ちなみに、現在先行予約受付中の『MONOCHROME』は私たちの周りでも注目度が高いアイテムです。

SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC

1F奥のイートインスペースでは平日限定ランチのお魚定食をぜひ。
あぁ、チキンボールもおいしそう、買って帰ろうかなぁ。。

それでは牟田さん、また会いに行きますね!

■■■ フラクタスな人々 note.2

PERSICA
福岡県久留米市小頭町10-9
TEL:0942-34-3883
1F/11:30〜15:00(ランチ11:30〜14:00)、16:00〜19:00(夜営業は要予約)
※日祝日は11:30〜19:00(ランチ11:30〜15:00)
2F/11:30〜19:00
CLOSE:月曜(祝日の場合は営業)
http://persica-pantry.com/

—— あなたの一番最初の『テンベア』は何ですか?

FRUCTUSより久しぶりに、プロダクトラインの新商品が登場です。
バッグブランドとして有名な『TEMBEA(テンベア)』とコラボし、キャンバス地のロゴ付きエプロンを販売いたします。全身のスタンダードなエプロン(ブルー)と、腰下のカフェエプロン(グリーン×ホワイト)の2種類です。

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

このエプロン、実はFRUCTUSの加工場で実際に使用していて、スタッフみんな全身タイプを毎日着用してグラノーラを作っています。松屋銀座の直営ショップのユニフォームも、そう、TEMBEAのエプロンです。お店で着用しているのは腰下タイプになります。
一年前、エプロンをユニフォームにしようと、オーナーの知り合いでもあったTEMBEAの早崎さんに製作をお願いしたのが始まり。色のカスタムは、ネイビーとグリーン×ホワイトをオーダー。その時は今回のように商品化するとは決めていなかったけれど(いや、オーナーは考えていたのかも)、まずは私たち自身で使ってみたのです。

SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC

この一年間、毎日使ってみた感想。キャンバス地の絶妙な厚みが良くて、汚れがさほど気にならないし(私たちのエプロンは材料の粉まみれですが。笑)、汚れてもジャブジャブ洗えます。使うほどに生地の風合いが増して、しっくりと馴染んでいくので、暮らしに寄り添うモノとして魅力的であり頼もしい存在になっています。毎日このエプロンを身につけることがライフワークというか、紐をギュッと巻いた瞬間に気持ちのスイッチがつくのです。

新品の頃のハリのある「よし、やるぞ!」感と、使い込んだ頃の仕上がった玄人感。この経年変化もまた良し、ですよね。

そういえば、この前の1月に、東京の千駄ヶ谷にある『TEMBEA』のオフィス兼直営ショップに伺いました。いまや雑誌やWebマガジンなどでよく目にするバッグブランド。感度が高い人たちが、普段使いに愛用している姿を良く見かけます。例えば、PCや資料等をガシガシ入れてワークシーンに使ったり、スポーツやアウトドアのお出掛けに使ったり、マザーズトートバッグで活用している人も多いですよね。頑丈な帆布生地で作られているので耐久性に優れ、無地やバイカラーなどシンプルなルックスが印象的。どんなスタイル&シーンにも馴染むデザインと風合いが素敵です。加工場のある福岡だったら、薬院の『スリービーポッターズ』で取扱いをしています。まだ持っていなくても、「いつかは」と気になっている人は多いのでは…。

SONY DSC

SONY DSC
SONY DSC

SONY DSC

TEMBEAのオーナー・早崎さんに迎えてもらい、少しお話を聞きました。

FRUCTUSのオーナーとの出会いは、バイヤー向けの展示会「ストッキスト」にて。2人には共通の知人がたくさんいて、オーナーは友人からTEMBEAのトートバッグをいただいていたそうです。

F(FRUCTUSオーナー) —— 「僕の初めてのTEMBEAはこれです。東京にお店を構えていた頃に、店頭で販売する果物や野菜をたくさん詰めて持って行ってたよ。今でもこの通り、ものすごく頑丈!」

SONY DSC

T(TEMBEA早崎さん) —— 「嬉しいですね。自分の中のバッグの定義は、モノを入れて運ぶ! これに限ると思っていて。TEMBEAの始まりは、アパレル会社を経て、自分で服作りをする中でバッグを初めて作ったのがきっかけ。純粋にモノを入れるための機能性にこだわった結果、初めてのプロダクト『バゲッドトート』が生まれました。」

F —— 「そのシンプルな考え方に共感。すっかり僕も早崎ファンになっちゃって、ほら、ENVELOPE(ショルダー付きポーチ)を毎日バッグに付けて出掛けているよ。」

T —— 「プロダクト作りは、『こんなバッグがあったらいいな』と思うものを完成させて、また別のアイテムを作る…の繰り返しです。いろんなトートバッグを作ってきましたが、今後はやみくもに種類を増やすというより、今ある商品を時代に合わせてリモデルしながら追求していきたいです。」

F —— 「グラノーラも一緒だよ。常に商品のブラッシュアップが念頭にあって、「うちの商品(味)はこれです」と言える強力なラインナップに整理している。その中で『シーズナルエディション』という実験的な遊びを設けることも大事と思っているんだよね。」

T —— 「うちもトートバッグをメインにしつつ、ウエア(ジャケット)も一部展開しています。その製作時にエプロンを作ったんですよ。」

F —— 「あ、そうそう! 今度のうちのエプロンさ、」……

…………

こういう関わり方、モノの見方で生まれたFRUCTUSのロゴ付きエプロン。モノの良さは私たちスタッフの折り紙付きです! ポケットが大きく、ガシガシ使えて頑丈そのもの。帆布なので汚れたらジャブジャブ洗濯できて、惜しみなく使える点も、暮らしのパートナーとしてぴったり。ぜひ、キッチンやガーデニングなどのシーンでお使いください。

FRUCTUSが「良い」と思ったものを、みなさまにお届けします。

SONY DSC

SONY DSC

FRUCTUSのロゴ付きエプロン
全身タイプ 9,000円(税抜き)/ブルー
腰下タイプ 7,500円(税抜き)/グリーン×ホワイト

SONY DSC

今年1月末〜2月にシーズナルエディションとして登場していた『バレンタイングラノーラ』。その名の通りバレンタイン時期限定の販売でしたが、多くの方からラブコールをいただき、この春から定番商品化することが決定しました。内容を若干リニューアルして、レギュラーのラインナップに仲間入りです!

このバレンタイングラノーラ(通称:カカオグラノーラ)は、駒沢の『xocol(ショコル)』とのコラボレーションの話が記憶に新しいですよね。カカオニブを自家焙煎するxocolの君島さんの存在は衝撃的で、荒々しくも真っすぐでピュアな味わいを体感してもらいたいたくて、カカオニブを引き出したグラノーラを作ったのでした。

まずは、ハチミツ・ブラウンシュガー・米胚芽油・ココアパウダーでソース作り。そして、オートミール・ひまわりの種・アーモンド・シナモンパウダーなどが入ったグラノーラ生地にカカオニブを贅沢に投入し、手作業でムラなく混ぜ込みます。アーモンドは砕きすぎず、原型を残すように…。ちなみに黒い粒つぶがカカオニブ。ね、なかなか贅沢な量でしょう。ソースと生地を一体にし、オーブンで2ステップで焼き上げ、塊を残すように仕上げていきます。カカオ入りの生地は、甘味とほろ苦さのコントラストが印象的で、豊かな香り、ポリポリとした食感、ナッツとのコンビネーション、弾けるピンクペッパー… など、パンチのある味わいに!

SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC

まるで「カカオ風味」「チョコレート味」とは別次元の存在。今回は甘さが強い黒イチジクを使用しているので、カカオニブと調和が取れたバランスの良い味になっています。ピンクペッパーの鮮やかな爽快感もアクセントに。

キャッチコピーは、
Cacao is Always a Good Idea
Nibble After Dark
繊細で大胆。舌と心をくすぐる夜のひとかじり。

カカオは覚醒作用があります。夜を楽しみたいという人は、是非ひとつまみ、どうぞ。

SONY DSC

カカオグラノーラ
180g 1500円(税込1620円)

ちなみに朝に食べて、仕事や勉強をはかどらせる… というの食べ方もオススメです♪

SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC

これまでは袋詰めだったFRUCTUSグラノーラ。
実はパッケージのリニューアルを控えています。全商品を“箱”のパッケージに変身予定です。いくつかスタッキングすると可愛いし、食べた後は箱を二次利用もできて、そうそう、ギフトとして贈る際に様になるのが嬉しいですよね。
私たちが慣れ親しんだスーパーのおやつも、箱モノが多いとハッと気づきました。中身が見えない箱だからこそ、開けるときのワクワク感って大きいと思います。もっと気軽に、楽しく、グラノーラを食べてもらうための新しいパッケージ。まだ試作段階なので、完成品はもっとすごいものが出来るかと♪ ご期待ください : )

箱詰めのリニューアルに伴い、定番フレーバーのラインナップも一部変更します。
定番となるのは、『Every Single Day ベーシックグラノーラ』『Get Activated ナッツグラノーラ』『A Cup of Joe コーヒーグラノーラ』『エジプト塩グラノーラ』『カカオグラノーラ』の5種類。ドライフルーツ入りの『Take a Break』『Start Your Day Right』は廃盤になりますので、ドライフルーツ好きのみなさま、『Every Single Day ベーシックグラノーラ』をお楽しみください。また定番に加えて、その季節に合わせた期間限定の『Seasonal Edition』も引き続き展開します。まもなく新作をお届け予定!

SONY DSC

パッケージが箱になり、松屋銀座のディスプレイも楽しくなりそうです。
まずはお試しとして、こちらの箱を店頭とonlineで展開します。新しいパッケージをぜひ手に取って、ご覧になってください。また、みなさまの感想をお待ちしています : )

松屋銀座店での販売スタッフ募集です。

フルタイムで勤務できる方を優先しますが、短時間でもOKです。

アルバイトでの雇用となりますが、ご希望でしたら勤務状況により社員へのステップアップも可能です。

時給 1,050円 交通費2000円まで支給 制服支給します。

ご興味のある方は fructus48@gmail.com まで連絡をください。

SONY DSC

今日は3月3日。おひなさまの日。
FRUCTUSから女性のみなさんにお届けしたい、とっておきの新作のお知らせです!
ホワイトデーのプチギフトに最適な、イチゴ×キャラメル×バニラのグラノーラです。

福岡・浮羽のフルーツ農家による『うきは百姓組』のドライのイチゴ入り!
ガーリなルックスが可愛いですよね♪ ドライのイチゴは爽やか香りと甘さがギュ〜ッと凝縮しています。一口食べるとまるで手作りの苺ジャムのような甘さと風味がお口の中に広がり、スライスとは思えない濃厚な味わい。『うきは百姓組』では旬のタイミングに摘んだ果物を、甘味料や保存料などの添加物を一切使わず、自然の味と風味でイチゴのおいしさをキープしています。

SONY DSC

そして今回のグラノーラ生地は、ひと味変わっています。通常は蜂蜜やブラウンシュガーを入れるところを、キャラメリゼしたきび砂糖を使い、ひと手間かけて生地に織り込んでいるのです。またタヒチ産のバニラパウダーを多めに入れて、アーモンドスライスとココナッツフレークで香ばしい味わいに。ブロック状になるように塊を作っているので、サクサクサク…とクッキーのような軽快なおいしさ。私たちも食べていて手が止まりません…!

ちなみに、普段からFRUCTUSのグラノーラでは市販のバニラオイルを使っていません。タヒチ産のバニラビーンズをラム酒に1カ月漬け込んで、バニラオイルを手作りしています。今回のホワイトデーグラノーラで使用するのはバニラオイルではなく、バニラパウダー。日本では取扱い割合が2%と希少&高価なタヒチ産のバニラパウダーを贅沢に使い、よりスイートな風味をプラスしています。タヒチのバニラビーンズって、とっても太くて大きく、ほのかにスパイシーな風味。生地にたっぷり入れることで、良い仕事をしてくれているわけです。

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

爽やかでジューシーなイチゴと、スイートな甘さの生地のバランス。
あたたかな甘さは、定番のクッキーのような安堵感があります。

女子ウケ間違いなし☆
バレンタインのお返しに、小洒落たルックスのホワイトデーグラノーラが喜ばれますよ♪

ホワイトデーグラノーラ
100g 1200円(税込1296円)