DSC_0124
DSC_0117

その別れを惜しむかのようにシトシト雨降りの6月末日。
今日は加工所の冨永さんの最終出勤日でした。
工場長として加工所の管理から商品のレシピ考案までこなし、また、透明感があって可愛いメガネっ子のルックスは、FRUCTUSのイメージにもぴったりな存在でした。だから一層お別れが寂しくて、ポッカリと心に穴があいたような気もして、、、窓の外でサラサラと優しく降り注ぐ雨は今のキブンにしっくり。

昨日、冨永さんの送別会を、加工所にて行ないました。美味しいものを食べることが大好きな彼女が好みそうなケータリングを用意して。福岡を拠点に、食生活やライフスタイルへの感度が高い人に評判の『knocks catering & foods』さんです。夕方のまだ日が明るいうちから、ハーブとスパイスがふんだんに使われた美味しい、本当に美味しいコースを、みんなでいただきました。「こんな食べ方があるんだ!」「おいしいね」って大事な人と共感しながら噛みしめる時間は、“幸せ”の二文字そのもの。和やかで心豊かな食卓。

knocks1
DSC_0015 _2
DSC_0055
DSC_0040
DSC_0061
SONY DSC
DSC_0085

現在妊娠7カ月で、旦那さんと熊本へ移住する冨永さん。ご主人は料理人とあって、熊本にて夫婦でレストランを構える予定。出産と開店が同時進行なので、ちょっぴり忙しそうだけど、ハッピーなオーラが全開に伝わってきます! 食べることが大好きな二人が作るお店だから、きっと美味しい料理を楽しめる場所にれるんだろうな。そう、昨日みんなと味わったように、美味しいシアワセを二人らしいレシピと雰囲気でもてなしてくれるはずです☆ オープン間際には、また加工所までお知らせに来てくれるそうで、今からすでに楽しみ♪

さあ、明日から7月!
私たちも新たな気持ちでココから再スタートを切ろうと思います。もっともっと美味しくて楽しいグラノーラを作りますので、みなさん期待していてください : )

そして冨永さん、お疲れ様でした☆ 出産ファイオー!

SONY DSC

SONY DSC

みなさんは毎日お弁当ですか?
きょうのお昼はどんなお弁当でしたか?
お弁当のおかずに好物が入っていたら、ランチから得られるパワーもひとしお。できれば毎日、お弁当にはワクワクが潜んでいてほしいと思って、誰かのために作ったり、自分用に作ったり、寝坊してサボッたり…… そんな毎日です。

加工所で働くFRUCTUSスタッフもお弁当率が高いのですが、私たちが2週間に1度、楽しみにしている日があります。それはお弁当宅配の日!

SONY DSC

届けに来てくれるのは、内田悠子さん(参考)。オーナーの友人の奥さまであり、福岡で定期的に料理教室も開かれている方です。内側から溢れ出すような透明感がステキだな〜って思いながら、毎度お弁当を受け取っているのはナイショ(笑)。

内田さんのお弁当を通して感じることは、食材の選び方・仕込み方がヘルシーで、味付けは素材力を引き立たせる良い塩梅。特別豪華なメニューがあるわけじゃないけれど、慣れ親しんだ献立こそ愛おしいと感じるメニュー構成。そして季節を感じることができて、彩りもすごくキレイ。もしかすると、季節感を楽しめる献立こそが、今の私たちには一番の贅沢なのかもしませんね。旬の素材をシンプルに使うとこんなにも美味しいものかと、当たり前のことに感動して、いつも噛み締めながら食べています。そう、当たり前の大事なことにハッと気づく、良い時間でもあるんです。

SONY DSC
SONY DSC

内田さんのお弁当にはいつも、手書きの献立が添えられています。

今日は、
・チキン南蛮タルタルソール
・黄色人参のサラダ
・きゅうりのとろろこぶ和え
・春雨炒め
・まだけの煮物
・新ジャガの煮っころがし
・太宰府の梅

普通お弁当って、ご飯の割合の方が多く占めがちだけど、内田さんのお弁当はおかずがモリモリ盛りだくさん! 今日だって6種類のおかずが入っていてボリューム満点! 一つひとつが丁寧に作られているのを、お口の中で感じることができるので満足度が高く、あっさり味だから胃にもたれません◎。あぁ、こういうお弁当を私も作れるようになりたいなぁ〜。

今はインスタやブログで、色んな人のお弁当を見る機会がありますが、個人的なナンバー1は内田さんのもの。健康とワクワク感を大事にしている素朴なお弁当に、そこはかとない愛情を感じて、午後の風が気持ちよく吹き抜けるのです。やっぱり食事からもらえる力って大きいや。私も頑張ろうっと! 内田さん、ご馳走様でした。

FRUCTUSを覗きに来てくださるみなさんのお弁当も気になるところです♪
それでは、また : )

SONY DSC
SONY DSC

福岡は午前中は曇り晴れ。こんな蒸し暑い日にはジンジャーコーディアルが大活躍。炭酸水で割ってシュワッといただきます。生姜がしっかり効いてて辛口でおいし〜。…と、ジンジャーコーディアルは現在販売を止めている商品でございました。期待だけさせてごめんなさい。

今日はホームページのトップページ画像をリニューアルしようと思って、女性カメラマンの河原諒子ちゃんと作戦会議をしました! 諒子ちゃんは福岡の鳥飼八幡宮内にあるAcestudioで働いてて、柔らか&ヘルシーなニコやかガール。上の写真の彼女は不思議な植物を眺めてて、ふ〜む?という表情をしているところ(笑)。今回のHPトップページリニューアルでは女性目線のグラノーラを写し出してもらえたら嬉しいな、とお願いしたのです。

来月頭に予定している撮影について、どうしよう、ああしよう、そういえばさぁ、、、なんて脱線しながらも楽しい時間。ブログ担当としてはもっと写真の技術を上げたくて、彼女にカメラやレンズのことを聞きました。とりあえずレンズは「30〜80mm・単焦点レンズ・開放が2より小さい」というキーワードだけは忘れないようにね、うん。少しずつ少しずつ、フラクタスのブログ写真で空気感をお伝えできるよう頑張りますよ〜!

さて、リニューアル後のトップページは、どんな光景が写されるのかな? みなさんお楽しみに♪

こんにちは〜!
最近お腹がすいたらゴハンのことばっかり考えています。お昼何にしようかな〜、夜ごはんあれ食べたいな〜って。そんな時、週に一度は頭の中に浮かぶスパイシーな存在がいまして。それはきっと、福岡の人だったら大勢が共感してくれる中毒性のある食べ物…。さて、今日はその一皿を食べに、薬院さんぽといきますか! ジリジリと暑い陽気にぴったりの、ハイなテンションで薬院からお届けしま〜す!

Yakuin tekuteku.4 『ヌワラエリア』

SONY DSC
SONY DSC

これです、これ!!!!
私たちが週に一度は食べたくなるスリランカカリー!!!
FRUCTUSオーナーは週に2度は食べに行っているほど、もう立派な中毒者です(笑)。こちらは薬院の境目エリアの警固にあるスリランカカリー専門店の『ヌワラエリア』で、天神に姉妹店『ツナパハ』があります。このブログを見てくださってる人も一度は行ったことがある方も多いのでは? もしくは私も中毒者です〜っていう人も、ね(笑)。
スリランカカリーというのは、チキンやジャガイモなどの具材と、スープとライスをぐちゃぐちゃに混ぜながら食べるスタイルのカレー。結構な辛さで、初めて食べた時の鋭いパンチ力は今も忘れません(汗と一緒に涙も流れました…)。ただ、旨味もしっかりあるので、ヒ〜ヒ〜言いながらも「また食べたい!」と思わせる魅惑的な味。それを提供する『ヌワラエリア』と『ツナパハ』は、ランチは同じメニュー構成であるものの、微妙〜にカレーの内容と細かなサービスが違うんです。FRUCTUSのお気に入りはこっちのヌワラエリア。店内が書斎のように本だらけなのも良いですし、ヌワラエリアのスリランカカリーにはダール(豆)or ラディッシュ(大根)が入ってて、刺激的なスパイスとチリをマイルドにしてくれるからツナパハに比べると若干食べやすいかも(辛いのが苦手な人は特にね)。あと、前菜のサラダのお皿がちゃんと冷えているのもヌワラエリア。ふふふ、めざとい? ちなみに辛いの大好きなオーナーは、必ず“リアルレッド”という劇的に辛いスパイスを追加で入れていますよ。ヒィ〜〜!「もう立派なヌワラーです」とのこと。

今日はスリランカカリーのヌードルと、ドライカリーを注文。ヌードルは野菜やベーコンと炒められてて、カリースープとの絡みが最高!! そしてスープを吸うので、後半戦にスープ追加(無料なのが嬉し〜)をしてもらうのが、だいたいの流れ。ドライカレーは、フライライスの上からチキン入りのルーをかけて、これもスプーンで混ぜながらいただきましょう。辛くてカラダがポッポ暑くなる〜。汗をかきながら、食後のデザート&ドリンクで火照ったカラダをクールダウン。ふぅ〜〜〜、満腹、そして満足です◎。

SONY DSC
SONY DSC

■ヌワラエリア
add:福岡市中央区赤坂1-1-5 鶴田けやきビル2F
tel:092-737-7788
open:11:30~24:00(ランチ11:30~17:00)
close:なし

食後のお散歩は、『ヌワラエリア』前の交差点をそのまま薬院方面へ南下。交差点スグの自然食品店『ふぁーむ』には、無農薬野菜や有機の食材が揃っていて、安心して日々のお買い物ができます。夏場は軒先であまおうのカキ氷を食べるのがオススメ! ヒンヤリ&ふわっふわで、幸せな気分に浸れますよ〜。そして『Yorgo』も忘れてはなりませぬ。美味しいワインとともに、クオリティ高い前菜、そして肉料理(◯ンタッキーや煮込みハンバーグはマスト!)が味わえます。ジャガイモとウニの温かいサラダも… 言わずもがな美味♡

SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC

Yakuin tekuteku.5 『TIGRE BROCANTE』

『ヌワラエリア』から徒歩3分圏内。南下していると右手に見えるのが大きなガラス張りの建物。それが地元ブランド『天空丸』の直営ショップです。

SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC

久留米絣やハンドプリント、草木染め、泥染め、インディゴ染めの生地を使って、クラフトのように作られた洋服たち。それは着心地が良いだけではなくて、自分と一緒に経年変化を楽しめるパートナーのような存在。不思議と何年経っても新鮮みを持って着られる服ってありますよね、まさにここにある服はその類であることは間違いありません。リネンラグランシャツやストライプのダブルシャツなどは男性ファンも多くて、女性にはジンバブエコットン生地のキレイめロングスカートもありますよ〜。博多人形の「ナッティ福助」くんも安定の可愛さです♡
看板ガールの、みをちゃんが出てきてくれました♪ すっぴんだよ〜って言ってたけど透明感はんぱなーい! グリーンのメガネがお似合いね♡
そういえば、7月4日(土)・5日(日)にココで『TIGRE BOTANICAL GARDEN』というイベントを行なうそう。同じ薬院で近所の『PLACERWORKSHOP』とのコラボ企画とのことで、野性的な蘭が並び、テラススペースが植物園と化! 絶対カッコいいはず、みなさん是非☆

■TIGRE BROCANTE
add:福岡市中央区警固2-3-26
tel:092.761.7666
open:12:00〜20:00
close:なし

…ということで、次はそのコラボ相手の『PLACERWORKSHOP』をご紹介しましょう〜。

Yakuin tekuteku.6 『PLACERWORKSHOP』

SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC

やってきました、プラセール。FRUCTUSのPVでも登場していた、あの蘭の専門店です〜(01:06から登場します、笑)。あの時は南区にお店を構えていましたが、昨年末に薬院へお引っ越し。通りから一本入った場所にあって、一見ヒッソリとしているようですが、お店へ入るとインパクト大! 私たちが知っている蘭のイメージを覆すような品種がた〜くさんあって、湿度管理がなされたウェッティな店内は植物園さながらの光景。小っちゃなものからダイナミックなものまで、あれもこれも全部蘭なんです。スニーカーやコルクボードにも着生した蘭…、宙に浮かぶ蘭…、実にアーティスティック&ファンタスティック! しかも、オーナーの内田さんはカリグラフィ(文字書き)のアーティストでもあり、店内のいたるところにラクガキ的な文字が描かれていて、それもめちゃくちゃクール!! ←『MOGNO6.』という名前で活動をしています。全国的にも今注目を受けている蘭&カリグラフィが薬院の裏通りにあるなんて、それだけで勝手に嬉しくなっちゃうのは私だけでしょうか?

SONY DSC
SONY DSC

FRUCTUSオーナーも植物が大好きなので、プラセールとは公私ともに深い間柄。福岡に引っ越してスグの頃、giの幸田さんを介して知り合って、「お店に行ったときになんじゃこりゃ〜〜!」って思ったそう(笑)。きっと、みなさんもここへ行ったら全く同じことを思うはず! 感性をシゲキしてくれる植物とアートに囲まれた空間を、どうぞ覗いてみてください。

■PLACERWORKSHOP
add:福岡市中央区薬院2丁目18-10 102
tel:092-752-9222
open:12:00~20:00(土・日曜~19:00)
close:水曜

ちなみに、前回の薬院さんぽはコチラをご覧ください♪

SONY DSC

「夏っぽいグラノーラはないですか?」
そんなリクエストにお応えして、初夏限定のココナッツパイングラノーラを解禁することに決めました!

パインの果実味あふれる爽やかさと、ココナッツの香りが南国気分を誘う一口。食べた瞬間、はい、夏の幕開けです。
だって、ドライのカットパインのお洒落さにせよ、黄×赤のカラーリングにせよ、前回のシーズナルエディション:バナナグラノーラの存在を忘れさせちゃうほど印象的でしょ!? 気分をパッと明るく変えたいときに食べたいグラノーラです。

SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC

FRUCTUSのココナッツパイングラノーラは、あらゆる方向からパイ〜ンな美味しさを詰め込みます。まずはパインジュース。これをブラウンシュガーや蜂蜜などのソースに混ぜて、さらにカットパインをミキサーにかけて、こちらもソースに投入。そうすることで、果肉感やフレッシュな美味しさが全体に行き渡るのです。そして最後にドライのパインを仕上げ段階でミックス。このドライのパインが噛み応えがあって、まるでスルメのように噛めば噛むほどパインの旨みが口の中に広がって、口寂しい時にもオススメ(笑)。こうして3つのパイン要素をグラノーラの中に織りまぜています。

そしてココナッツもパワフルに使っています。ココナッツミルクをソースに入れて、生地にコクと風味をプラス。また、ココナッツフレークもふんだんに生地に織りまぜることで、軽やかな香ばしさを口に入れた瞬間から最後の余韻まで、なが〜く味わえるんです。ナッツは他にカシューナッツを入れていて、わかる人にはわかると思うのですが、ヒマワリの種が陰ながら良い仕事をしているな、とも感じました! 朗らかな食感と風味、そしてルン♪ とテンションが上がる美味しさです。

ここでオススメの食べ方をご紹介☆
サッパリ系のミルクアイスを用意して、ココナッツパイングラノーラとともに味わってみてください。ポイントは、グラノーラを多めに入れて、アイスと混ぜ込むこと! こうすることで単純なアイス添えから、見た目も味わいもグレードアップするんですよ〜。お子様も大好きな味になりますし、ちょっぴり小洒落た“もてなしおやつ”にもピッタリ! 私も初めて味わってみましたが、これは美味♡ 暑い日が続くし、自宅でハマりそう…♡!! ちなみに、ヨーグルトアイスとも相性バツグンです。

SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC

じめじめした梅雨を吹き飛ばすような、トロピカルな味わいのココナッツパイングラノーラ。
これを食べて陽気にハッピーに、お口の中から夏を始めましょう♪

さぁ今日から松屋銀座の直営ショップと、online で販売スタートです!

【Seasonal Edition】
ココナッツパイングラノーラ 購入はこちらから
180g 1,200円(税込1,296円)/限定生産につき完売次第終了