kaki

福岡の加工所は今日で仕事納めです。
’15年12月26日(土)〜’16年1月3日(日)まで、年末年始のお休みをいただきます。
Online shopでの注文はお受けしますが、発送は1月4日(月)より順次ご対応いたします。

また、松屋銀座の直営ショップは1月1日(元旦)のみお休みで、1月2日(土)から初売りです!

’16年最初の新作は、『新春グラノーラ』と称して、柿と抹茶のグラノーラが登場します!
直営ショップはでは先行してこの『新春グラノーラ』を販売しておりますので、東京にいらっしゃる皆様、福寄せにどうぞご賞味くださいませ☆ onlineは1月4日(月)からの販売となります。どうぞお楽しみに!
 

そして、この場を借りて、大事なお知らせをさせていただきます。

///// 材料費高騰による価格改定について /////

弊社はこれまで安定供給に努めてまいりましたが、昨今の材料費などの高騰により、従来の価格の維持が困難なことから、誠に不本意ではございますが、価格改定をさせていただくことになりました。対象商品とその内容は下記の通りとなり、適用は’16年1月1日から開始させていただきます。(’15年内のonline購入は改定前の価格でお買い求めできます)
何卒ご理解いただきまして、引き続きご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

<対象商品および改定価格>
・Get Activated -ナッツグラノーラ-
S ¥570 、 M ¥1,280 、 L ¥2,360

・Grab Your Bottle -エジプト塩グラノーラ-
S ¥610 、 M ¥1,380 、 L ¥2,560

 
以上、FRUCTUSより大事なお知らせでした。
来年もどうぞ宜しくお願いいたしします。
皆様 良いお年をお過ごしください。。☆

nihongo5
nihongo 4
 
11月2日発売号のBRUTUS No.812にて、3Pに渡りクローズアップされている『スナック 日本號(にほんごう)』。
こちらにFRUCTUSのオーナーも登場しております。

福岡出身の編集者・伊藤総研さん。雑誌など多方面のメディアで活躍されていて、感度が高い方の間ではもうお馴染みの方、ですね。そんな伊藤さんが出身地である福岡に出したお店『スナック日本號』が、10月に大名(福岡を代表する繁華街)にてオープンしました。まさに“スナック”の舞台にふさわしく、ロケーションは小料理屋やバーが連なる年季の入った雑居ビル。

 
nihongo1
 
実は、『日本號』にFRUCTUSもちょっぴり関わらせてもらっています。
入店して席につくと出てくるチャーム(つきだし)は、FRUCTUSのナッツグラノーラエジプト塩グラノーラなのです。
 
FRUCTUSオーナーと伊藤さんはかねてより友人関係。
この『日本號』は、伊藤さんによりキャステング(編集)された錚々たるメンバーによって作られています。
・ロゴデザイン… village®/長嶋りかこさん
・空間デザイン+チェア製作… CASE-REAL/二俣公一さん
・おつまみのメニュー開発… 広沢京子さん
・ワインなどお酒… とどろき酒店/轟木渡さん、黄ちゃん
・アイテム選定… 山上祐子さん
・カードの活版印刷… CULTA/金澤正人さん
・チャーム(つきだし)… FRUCTUS!!!
・・・といった福岡を拠点に全国区で活躍されている面々。

バーにはカラオケもあります。博多美人のママもいますよ。
こじゃれているのに、どこかホッとする、包容力のある空間。
福岡にいるみなさんも、福岡に行く機会があるみなさんも、『日本號』でひっかけながら博多の夜をお愉しみください。

 
◆◆◆ 
日本號(にほんごう)
福岡県福岡市中央区大名2-1-50 第一公健ビル3F
092-714-7130
20時〜26時
不定休

 
nihongo3-2
nihongo3
nihongo

DSC_4955
DSC_4972
DSC_4968
DSC_4934
DSC_4965
 
グラノーラ加工所がある福岡に、新しいスタイルのカフェ『Saturday . AND READY』がオープンしました。

体が喜ぶ食事、心地良い空間、深呼吸できる時間。
身も心もリセットして、軽やかな心で新しい一歩を踏めるような… そんなカフェです。だから営業時間も早めの朝8時からと、福岡では珍しいモーニングタイムを実施。その朝食メニューに、FRUCTUSのグラノーラを使用したアサイーボウルを提供されています! ギッシリと盛られたフルーツの下に、我が社のグラノーラが盛り盛りっと! こんなオシャレな朝食で一日をスタートさせたいなぁ〜
 
↓ これはそのアサイーボウルです(お店のHPから借用☆)
 
PB282320
DSC_4937
DSC_4943
 
また、業務用ジンジャーコーディアルもFRUCTUSからご提供。先日のレセプションでは、生姜のピリッと濃い味を活かしたモスコミュールが出されていました(上の写真はそれです)!
通常は、『FRUCTUS×Saturday』の特性ジンジャーエールと、ジンジャーチャイがグランドメニューとして登場。炭酸は福岡でお馴染みの「松園式炭酸」が使われているので、超&超スパークリングなキレのある味わいですよ! ジンジャーチャイもローカフェインなので、妊婦さんやお子さんにも優しくて、今日のように寒い日にホットで飲むと体が温まってオススメ◎

カフェ内の空間やクリエイティブは、全国区で大活躍のイラストレーター・黒木仁史さんやMOGNO.6の内田洋一郎さん、友情出演(笑)にワンダーラストの宇佐幸弘さんなどなど… 福岡のクリエーターの集大成と言えるものでした。
店内の一角にはグッズのセレクトショップが併設されていて、久留米のMoonstarやCONVERSEのスニーカー、HIGHTIDEのステーショナリーなどが置いてあって、ここも“福岡ならでは”のラインナップ。面白いですね〜
 

DSC_4981
DSC_4977
DSC_4922
DSC_4919

 
遅くなりましたが、このカフェを仕掛けているのは、FRUCTUSも以前お世話になったフリーマガジン「AFRO福岡」を展開しているバズフックさん。ユーモラスな企画やオシャレな仕掛けなど、地元の盛り上げ役として多方面から引っ張りだこの企画制作プロダクションです。カフェでは、久留米の「COFFEE COUNTY」のスタッフがコーヒーを出していたり、食事メニューも野菜の仕入れや作り方、そして見せ方にコダワリがあって、細かい部分まで流石だなって思いました。

休日の朝ごはんや、友だちとのランチ、パーティの会場として使えそう! wi-fi完備だから、ノマドワークや打合せの場所としてもいいですね。夜ご飯はモリモリっと食べ応えあったし、キッズスペースを完備していて子連れのパパママも大喜び!

カフェの周りは閑静な住宅街。穴場のセレクトショップも点在しているので、お散歩がてら行きたい場所です。福岡にお住まいの方、また福岡に来られる方はぜひ☆

 
◆◆◆
Saturday . AND READY
福岡市中央区浄水通1-8-2F
092-406-3776
8:00〜22:00