バレンタイングラノーラ for 2017

archives

頬にあたるは吹きすさぶ冷たい風。
雪が舞った大寒の候、バレンタイングラノーラが完成しました。
毎年、誰かと誰かの想いを繋ぐお手伝いができて嬉しいです。

DSC_3621

この季節だけのとびきりスウィートなグラノーラは、駒沢のショコラトリー『xocol (ショコル)』さんとの出会いからつづく、心ときめくバレンタイングラノーラ。今年は《 xocolさんの自家製カカオニブ × ココアパウダー × フランスの老舗チョコレートメーカー”ヴァローナ”のチョコレート 》の、ずばり!カカオ三重奏でお届けします。
※ xocolさんの自家製カカオニブに受けた衝撃は、過去のFRUCTUSブログより「バレンタイングラノーラとカカオの秘密。」をご覧ください。

DSC_3424

DSC_3443

DSC_3464

DSC_3460

DSC_3515

カカオ・カカオ・カカオ!といえど店頭やオンラインで販売しているカカオグラノーラとは違う、色味も香りもマイルドな優しいムードのグラノーラ。その優しさの秘密は、配合量が1.5倍になったココアパウダーでしょうか。魅惑的なカカオの中にどこか懐かしさを感じる優しい味。人に例えるなら芯もあるが慎ましさもあるいい女。はっきり意見は言うけど普段は見守ってるよ。みたいな…。

ナッツも加えグラノーラを焼き上げ、きゅうんとしちゃう甘い香りが漂うところへカカオ三重奏の仕上げ。そう、ヴァローナ社のチョコレートをごろりと入れちゃいます。さらに、手作業でひとつひとつドライにされた福岡県産あまおういちごを添えてぱぁっと華やかに。甘酸っぱいドライいちごがこれまたカカオスリー(カカオ・カカオ・カカオ!)との相性抜群なのです。

DSC_3748

DSC_3755

DSC_3766

今回のバレンタイングラノーラはミルクをかけていただくのがベストかも。
(もちろんそのままぽりぽりもおいしいですよ〜!)
口いっぱいに広がるのはミルクに溶けていくカカオのまっすぐなまなざし。
胸いっぱいに感じるそこはかとない穏やかな幸せ。

なかなか素直になれない心の中の柔らかいところが奏で紡ぐ美しい言葉とともに
想いを寄せるあの人へ贈りませんか?
※ 今回のSeasonal Editionはグラム数が100gになっております。
ご友人さまへの友チョコや、ご自身へのご褒美としてもぜひどうぞ。

【Seasonal Edition】
♡バレンタイングラノーラ 購入はこちらから
100g 920円(税込994円)/限定生産につき完売次第終了

「明けましてグラノーラ」!

dsc_3339

毎年FRUTUSの一発目の新作は、抹茶グラノーラがお決まりです。
年に一度の和テイストを心待ちにしてくださるお客様、一年間お待たせしました。

今年は抹茶のセレクトにご注目を!
鹿児島にある“スペシャルグリーンティー”専門店の『すすむ屋 茶店』さんとコラボレーションし、風味豊かな抹茶グラノーラを作り上げました。抹茶といい、トッピングといい、例年とはまた別物のスペシャルな味に仕上がっています(今年は力はいっている!)。
新作の中身をお伝えする前に、コラボパートナーである『すすむ屋 茶店』さんに会いに、オーナーと鹿児島へ訪れました。
まずは、その様子をご覧ください。

dsc_2909
dsc_2968
dsc_2987

『すすむ屋 茶店』さんの本店があるのは、JR鹿児島中央駅から徒歩10分程度の場所。
東京には東京自由が丘に2号店がありますね。
駅から歩いていると、オーナーが「東京なら千駄ヶ谷的な住宅地にあるよね」と言っていました。住宅街なんだけど、少しずつ点々とオシャレな店ができてきてる感じ。ふむ、なるほどね。

お店の外観、潔くてかっこいいです。
自家焙煎茶のセレクトショップということで緑茶やほうじ茶、紅茶まで、いろんな種類の茶葉を選べるので、テイクアウトしたり、ゆっくりイートインもできます。まさに「お茶しにいく」という言葉がぴったり。

dsc_2896

ぜんざいに付いている緑茶をゴクリ。
とっても茶葉の風味が濃くて、苦味も甘味も深く広がりのある味です。
お茶と言うのはこういうことか、と思い知らされるような確固たる主張と、お茶請け(ぜんざい)を引き立たせる包容力があります。
ふぅ〜、深呼吸、深呼吸。

dsc_2985

店主の新原さんご夫妻にもご挨拶を。
旦那さんは気さくでハキハキと気持ちがいい方。いろいろお話を聞かせてくださって、お店のことも教えてくれました。

『すすむ屋』さんは、曾じいさまの代から製造の卸売り業者としてお茶屋を始められて、ここはおばあさまがやっていたお店だったそうです。一旦店を閉じ、長年使われていなかったこの空間を、4年前に新原さんが街のお茶屋さんとして再生させたのでした。

鹿児島のお茶業界ではレジェンド的存在。外観・内観も古き良きムード、だけど窓ガラスに「創業平成二十四年」と書かれていたのは、こういうことだったんですね。

自社で茶葉をセレクトし焙煎も行っているからこそ、一つひとつにしっかり個性があって、どれも安定して美味しい。
新原さんは「特別感ではなく、普通に立ち寄って美味しいお茶を飲める。サクッと飲むスタンド的使い方もいいし、イートインで寛ぐことも」と話します。
今まではブレンドの茶葉が主役だったけれど、10年前に単一農園の単一品種を取り扱うように。ワインやコーヒーと同じスタイルだと聞けば、わかりやすいですよね。

dsc_2969
dsc_2939

今回コラボするグラノーラで使う抹茶について。
鹿児島はお茶の製造業が盛んで、煎茶の栽培も最高峰だけど、実は抹茶に関してはあまり育てていないそう(おそらく気候的なもので)。だから、すすむ屋さんは京都産の抹茶を使われています。石臼でゴリゴリと挽いた、とびきり芳醇で最高品質の抹茶。FRUCTUSで使わせてもらう抹茶もそう。グラノーラの生地に織り交ぜて焼くので、色と香りが飛びにくく濃いめなければなりません。いくつかの種類を試させてもらって、その条件を満たす抹茶をセレクトさせてもらいました。

dsc_3038
dsc_3018

ち、な、み、に、
コラボにあたり、梱包箱とラベルをこれまた鹿児島のデザインオフィス『Judd.』さんにお願いしました!
Judd.の清水さんは、以前からオーナーと親しい仲というわけで、新原さんとともに事務所にて打合せを。
鹿児島は私たちも大好きな街。今回のコラボグラ、仕上がりが楽しみです!

dsc_3001

桜島のド〜ンとした写真は、こちらのオフィスの屋上で見たもの。
雄大な佇まい、灰色のカッコよさ、山と海と街との融合にしばし見とれる私たち。
こんな風に新年も清々しい快晴で迎えたいものです。

さーてさて、福岡は薬院の加工所に戻り、新春グラノーラの製造を始めます。

dsc_3193_karui
dsc_3233

今回の主役、すすむ屋さんの抹茶。
そして、名脇役のクコの実と黒しぼり豆。
和テイストのグレードがうんと上がって、色合いも素敵。

当初、トッピングは甘納豆の案もあったんですが、甘納豆のしっとり感とグラノーラのカリッと感のコンビより、この黒しぼり豆の方がベストマッチだったので「採用!」。表面はサラサラしていて、大粒ならではの中のほっくり感が美味しいのです。

dsc_3064
dsc_3130
dsc_3160
dsc_3248

抹茶は渋味が強いから、優しい甘さを乗せるためにブラウンシュガーと蜂蜜をたっぷり使っています。
見てくださいよぅ、抹茶の量の惜しみなさったら…! 抹茶好きにはたまらない光景です。

お正月の餅つきの準備のように、せっせと生地を交ぜ、和え込み、生地をつくっていきます。
蜂蜜が絡んでいるのもあって、焼く前はテリテリした感じ。
それが焼いた後は、カリッとポリッと香ばしい食感に。
抹茶の緑と、クコの実の赤の配色がとってもキレイ!
赤い小ちゃなクコの実は、美容効果が高いとか。新年早々、縁起がいい♡

dsc_3327

風味と香りは抹茶全開!
噛むほどに芳醇な抹茶の味が広がって、あとから優しい甘さがキュンと馴染みます。
ナッツもたくさん入っているから、食べ出したらもう止まらなくて、ず〜っとポリポリポリ。

dsc_3342

最後に残る粉状の生地。
よく袋の下に残ってしまいますよね。
これをホットミルクに溶かして飲んだら美味しいんじゃないかしら…♡
抹茶グラノーラの贅沢な味を、最後の一口までた〜んとお召し上がりください。

webは本日から発売開始です!
みなさんにとって輝かしい新年の始まりとなりますよう、最高の抹茶グラノーラとともにお祈り申し上げます。

2017年もどうぞ宜しくお願い致します!

【Seasonal Edition】
新春グラノーラ 購入はこちらから
内容量 180g 価格 1,300円(税込1,404円) /限定生産につき完売次第終了

dsc_3378

edf

2017年1月12日に松屋銀座店 FRUCTUS は閉店します。今までありがとうございました。東京での購入が可能な店舗はまた追ってお知らせします。

1月12日までご来店のお客様でブログ、インスタグラムを見たとお伝え頂ければ 80gのグラノーラをサービスさせて頂きます。

千駄ヶ谷路面店時代の看板商品だったジンジャーコーディアルを使ったスタンドタイプのショップをオープンします。福岡市中央区警固に3月を目標にオープン予定です。

お酒とジンジャーコーディアルを中心に夜の営業をメインにする予定です。もちろん炭酸でシンプルにジンジャーエールやホットジンジャー等も提供します。

ジンジャーコーディアルやグッズの販売も再開します。

オープンに合わせて資金の準備をしております!ご協力ください。簡単に説明しますと、先行でジンジャーコーディアルが少しお得に購入出来るという方法で資金を集めています。

下記のリンクよりご購入ください!!商品の発送は3月初旬を予定しております。

https://readyfor.jp/projects/fructusgs

単純にジンジャースタンドへの出資をして頂ける方も募集しております。
fructus48@gmail.com までご連絡を頂ければ幸いです。

どうぞよろしくお願いします。

株式会社スツール 成田博昭

早いもので今年もこの季節がやってきました。
ふんふふふ〜ん、ふんふふふ〜んと鼻歌まじりにお届けする今年の【クリスマスグラノーラ】は見た目もお味もラブリーかつ華やかで気品あふれる仕上がり。

dsc_2582

ベースとなるのは昨年と同じくバナナ×ココナッツ。

ですが今回すぐに目に飛び込んでくるのは、まるで乾いた大地にぱぁっと開いた花のようなドライのイチヂクでは?
そして毎冬のおなじみになっているフランスの老舗チョコレートメーカー・ヴァローナのホワイトチョコレート。
つるんとしたチョコレートが舌の上で滑らかにとろける至福のひとときをお楽しみいただけるように今年もひとかけらの大きさをのこしたままゴロリゴロリと入っています。
あえて塊をのこしたグラノーラから顔をのぞかせるのは厚みのあるドライバナナと、小さくもポッとルビーのような魅惑的な存在感を光らせるフリーズドライのザクロ。
贅沢がぎゅうっと詰まったひと箱になりました。

さぁさぁまずは、昨年と同じくバナナを蜂蜜や油と一緒にミキサーにかけオリジナルのソースをつくるところから。
2016年の【クリスマスグラノーラ】づくり、スタート!

皮ごしに伝わるバナナの弾力。
色ツヤ良く熟れた食べごろバナナをたっぷり使っています。

dsc_2308

dsc_2337

dsc_2320

dsc_2349

ファクトリー内にはバナナシェイクをつくっているときのような甘く懐かしいおやつの香り、。
小さいころはよくおばぁちゃんがバナナシェイクをつくってくれてたっけ、、ほんのり甘くておいしかったなぁ〜なんて記憶を頭の隅にのこしながら、オリジナルソースづくりの隣でオート麦・カシューナッツ・アーモンドスライス・ココナッツフレークなどをブレンドしたグラノーラ生地づくりが始まります。

この生地には隠し味としてカルダモンをプラスしています。
甘いだけではない、爽やかな風が通り抜けるグラノーラの秘密はカルダモンにあるのです。

ブレンドが済んだグラノーラ生地に、先ほどのオリジナルソースを混ぜ込み焼きあげます。

dsc_2375

dsc_2392

dsc_2401

dsc_2419

dsc_2499

こうばしい香りでファクトリー内が幸せの空気でいっぱいになったころ、華やかなクリスマストッピングが並びます。

昨年のクリスマスグラノーラと大きく違うのは、ドライのイチヂクとフリーズドライのザクロがはいっているところ。

dsc_2484_2

ドライフルーツのイチヂクは、
春に販売したイチゴグラノーラでドライのイチゴをつくってくださった「110west.inc」さんにお願いしました。
どの八百屋さんにもイチヂクが並んでいた秋が過ぎ、来年まで会えないのかぁ。と寂しい気持ちになっていたところへ、旬のおいしさをぎゅぎゅっと凝縮させてのカムバック。
フレッシュイチヂクの旬なおいしさとは違うドライならではの奥行きのある甘み(と言いつつもドライドライしすぎていないのが110west.incさんのつくるドライフルーツの魅力。)が、ひと噛みごとに体の中に沁みゆきます。

そしてフラクタス史上初めてとなる、グラノーラとザクロの出会い。
フリーズドライのザクロはサクサクっとした食感で、噛むと弾けるザクロの甘酸っぱさにあごの奥がきゅうぅん。
グラノーラのガリッガリッとした食感とのコントラストもお楽しみください。

ちなみにザクロにはビタミン類、葉酸、鉄分といった栄養価が含まれているそうですよ。
女性の強い味方になってくれるでしょう。

言わずもがなヴァローナ社のホワイトチョコレートが舌の上で体温と溶け合うときの幸せ感ったらまったくもう!
しんと冷えた朝にホットミルクをかけてチョコレートをちょこっとずつ溶かして食べるも良し、赤ワインのお供に…
なぁんてロマンティックな夜もいいのではないでしょうか。

食べたらにっこり笑顔になっちゃう
【クリスマスグラノーラ】完成です。

dsc_2587

dsc_2509

クリスマス期間中は(〜12月25日まで)ギフトクリスマスラッピングも承っております。
どうぞお気軽にお声かけくださいね。
onlineでのご注文の際には「クリスマスラッピング希望」とご記入くださいませ。
※尚、写真はグラノーラギフトセット ギフト包装のラッピングです。
グラノーラ単品でのプレゼント包装は致しかねますので、ご了承ください。

ベースとなっているバナナグラノーラ、実はFRUCTUSグラノーラの中では古顔グラノーラなんです。
千駄ヶ谷でジューススタンドを営んでいたころに開発され愛されて以降、長い沈黙を経て復活したのが昨年の5月。
その年のクリスマスに光を浴び、そこからまた沈黙すること1年。
以前からFRUCTUSをご存知のお客様にとっては待ち侘びる楽しさを感じていただけるグラノーラなのではないかと、、
なぁんて。今年もとびっきりのドレスアップをして登場です。

FRUCTUSオーナーがぽそりとこぼしたひと言。
「今までで一番おいしいかも。」

どうか優しいクリスマスになりますように。

【Seasonal Edition】
クリスマスグラノーラ 購入はこちらから
内容量 180g 価格 1,500円(税込1,620円) /限定生産につき完売次第終了

朝夕をこえるたびに空気が冷えていきますね。
ぎらぎら眩しかった太陽も、どこか切なさを含んだ眩しさを放っているような気がするこの季節。
春、夏と移ろう景色。グラノーラで秋をお届けします。

【 New! おさつグラノーラ 】

昨年も嬉しいお声をいただきました秋のグラノーラ。
装い新たに今年も登場です。

dsc_1132

すっきり爽やかな炭酸ドリンクは、まるで遠くの木から私の耳元にきてとまり鳴いているのかと思う蝉の声や、アスファルトの容赦ない照り返しから救ってくれた。でもふと気がついた。こっくりとろんとして心がほっとする飲み物を求めている自分に。ボルドーカラーのルージュをひいている自分に。あぁ、秋が来たのね。

dsc_0895

dsc_0971

dsc_0810

dsc_0984

dsc_1028

贅沢な生地づくりは昨年とほとんど同じ。

ソースとなるのは、フラクタスオリジナルのジンジャーコーディアル(シロップ)や安納芋のペーストにカルダモン・シナモンを馴染ませたもの。それをオート麦・アーモンド・クルミ・かぼちゃの種などに混ぜ込み焼き上げます。

さらにオレンジピールを加え、トッピングにはほんのり甘い鹿児島の紫芋チップスを同封しました。

dsc_1032

dsc_1064

dsc_1116

ひと口食べればカルダモンのスパイシーな刺激と柑橘の爽やかな香りがお口いっぱいにひろがります。そしてじんわり滲み出るおさつの旨味。ゴロゴロっとしたグラノーラに紫芋の甘い優しさが溶けてゆく。

封を解いてそのままポリポリと味わっていただくのはもちろん、アイスクリームに乗っけたり豆乳をかけたり、ことこと温めたポタージュスープにぱらぱらっとかけていただくのもいいかもしれません。

過ごしやすい秋は短い。
あっという間に冬の前、木枯らし近くになっちゃった!なぁんてことのないように秋をお楽しみください。
そこに寄り添うようにおさつグラノーラがあれば嬉しく思います。

【Seasonal Edition】
おさつグラノーラ 購入はこちらから
180g 1,400円(税込1,512円)/限定生産につき完売次第終了

DSC_0505

 
北海道のみなさん、一年ぶりにFRUCTUSがやってきます!

今年も札幌三越で開催の「第9回 日本のうまいもん 厳選ぐるめフェスタ」に、福岡代表として出店します。
イベント期間は8月23日(火)〜8月30日(火)の8日間。本日からスタートしています♪

今年はスペシャルなものもご用意! 松屋銀座限定カラーのグラノーラ保存缶や新発売したてのタンブラーをはじめ、昨年の催事ではなかったグラノーラ周りのオリジナルグッズも多数登場しますよ。そして、福岡の加工所で焼き上げたグラノーラ、レギュラー5種類+期間限定1種を販売いたします。

【グラノーラ】
・Every Single Day ベーシックグラノーラ
・Get Activated ナッツグラノーラ
・A Cup of Joe コーヒーグラノーラ
・Grab Your Bottle エジプト塩グラノーラ
・Nibble After Dark カカオグラノーラ
・Seasonal Edition 期間限定グラノーラ

【オリジナルプロダクト】
・グラノーラ保存缶
・TEMBEA×FRUCTUS エプロン
・ONE KILN CERAMICS×FRUCTUS グラノーラスプーン
・ONE KILN CERAMICS×FRUCTUS キャニスター
・Crate×FRUCTUS グラノーラスプーン
・ロゴ入りタンブラー
 

普段はなかなか直接北海道のみなさんにお届けできる機会がないので、実際に見たりお話しながら選んでもらえたら光栄です♪ お気に入りのフレーバーや、暮らしを楽しくさせるグッズがきっと見つかるはずですよ。

私たちも北海道のみなさんとお会いできるのを楽しみにしています♪
ぜひ遊びにきてください : )

 
■EVENT
「第9回 日本のうまいもん 厳選ぐるめフェスタ」
期間:8月23日(火)〜8月30日(火)
会場:札幌三越 10階催事場
時間:10:00〜19:00(最終日の8月30日は18:00閉場)

 
DSC_0675_2

DSC_0277
  
お盆休みのお知らせ
 
8月11日(木)〜8月15日(月)まで、加工所はお盆のお休みをいただきます。
それに伴って、上記期間中は薬院店イートインスペースもお休み致します。
Online shopのご注文は可能ですが、
発送は8月16日(火)より順次ご対応いたしますので予めご了承ください。
 
※お盆期間中も松屋銀座の直営ショップは営業しております

 

DSC_0537

 
今年の夏は長い。
さぁ8月。まだまだ続く、あつ〜い夏!

南国気分の「パイナップルグラノーラ」の次は、
甘酸っぱい「ブルーベリーグラノーラ」のお出ましです。

毎年恒例の期間限定なので、お待ちかねの皆さんもいらっしゃるのでは?♡
加工場のスタッフもだーいすき。だって、間違いなくおいしいんだもの。
フルーティで爽やかな味わいはもちろん、アンチエイジング効果も高いブルーベリーは、女性にとって嬉しい存在ですよね。あの濃い色味にパワーを感じるし、食べることでカラダが生き生きするような気がします。

FRUCTUSで使用するムッチリぱんぱんのブルーベリーは、福岡県うきは市にある『ベリーガーデン』の石井さんから届いたもの。ブルーベリーに適した土壌、黒ボク土(火山灰を母材にした土壌)で無農薬で育てられていて、ビックリするほどたわわで力強い実がなっているんです! 農園見学に行ったときの模様は、昨年のブログを読んでみてくださいね。
石井さんは、毎年この季節にお世話になっている、FRUCTUSの心強いファーマーなのです。

さぁ、そんなに摘みたてブルーベリーを、砂糖とともにジャムソースにします。
(この時点でもう美味しい。ニヤッと笑いが出ちゃうほどに…!)
 

DSC_0357
DSC_0352
 
いつものグラノーラソースに自家製ブルーベリーソースをたっぷりと投入し、均等に材料に混ぜ込むと、生地全体が鮮やかなパープル色に変身。クルミやヘーゼルナッツ、アーモンドスライスもごろごろ入っていて、とっても賑やか♪
 
ブルーベリーソースにより生地の水分が多くなるので、天板に薄く伸ばして、水気を飛ばしながら香ばしく焼き上げます。紫色だった生地も、焼くことで褐色化しちゃいました。それはそれで味わいが濃そうで、良いですよね?
焼きたては、カリカリッと歯応えが楽しく、ブルーベリーの味わいが噛むほどにどんどん増す感じ。
仕上げにのミックスするドライフルーツは、クランベリーとベルーベリー。甘酸っぱさをより強調してくれます。この食感と美味しさを逃がさないよう、手際良く梱包!
 

DSC_0462
DSC_0478
DSC_0548
 
 
暑い夏だからこそ、おすすめの食べ方はアイスと絡ませること。
冷たくてほんとうに美味しい♡ ヤミツキです。
もちろん、ヨーグルトやミルクとも相性抜群なのは言うまでもありません。
でもやっぱり個人的にはアイスだなぁ。
バニラ、クッキー&クリーム、ストロベリーとかとか、気分でアイスも選ぶのも楽しそう♪
 

DSC_0567
DSC_0576

自慢のブルーベリーグラノーラが完成!
季節限定なので、お早めにお楽しみください。

NEW!
【Seasonal Edition】
ブルーベリーグラノーラ 購入はこちらから
180g 1,400円(税込1,512円)/限定生産につき完売次第終了
 

DSC_0165

 
だんだん、青空と雲が夏らしい表情になってきましたね。
いつもこの時期、南国リゾートへの思いが膨らみ、どこかへ旅に行きたくなります。
今年の夏休み、みなさんは、どちらへ行かれますか?

さて、

「夏らしいグラノーラ」

昨年、そんなリクエストを受けて作ったものに『ココナッツ・パイン グラノーラ』があります。夏をとことん楽しみたいというお客様にとっても好評だったので、今年はさらにトロピカル感をグッと上げて、パワーアップして再登場!
気分も味わいも南国トリップできる一袋になっています。

これはもともと松屋銀座の直営ショップで定番商品として出していた、ドライフルーツをたっぷりの『Take a Break』がベース。夏季限定用にアップデートバージョンさせてものだったんです。
フルーツとナッツをふんだんに入れているところも、フレッシュの果物をまるごと使うところもFRUCTUSらしいでしょ?
今回はゴロッとしたフレッシュなパインを贅沢使い。

 
DSC_0246
DSC_0266
DSC_0271
DSC_0276
 
 
まずはカットパインを、パインジュースとともにミキサーにかけます。このパインW使いの時点でだい〜ぶ濃厚!
それにココナッツミルク、蜂蜜、バニラオイル、ブラウンシュガーなどと混ぜ合わせ、オリジナルのパインソースを仕込みます。グラノーラの種には、大量のココナッツフレーク、オーツ麦、カシューナッツ、ヒマワリの種がin。
ナッツ類も夏っぽい組み合せ。

 
DSC_0295
DSC_0317
DSC_0344
 
ソースと種を混ぜ込んで、じっくり焼き上げた後は、仕上げにドライのパイン、マンゴー、クランベリーをミックス。サマーモードを盛り上げてくれるフルーツたちをギュッととじ込めています。そういえば、『Take a Break』を発売していた当時は、ドライのパイナップルをリング状にそのまま入れていましたが、現在は食べやすいように一口サイズにカット。
もぐ、もぐ、もぐ。噛みしめる度に、甘味が増していくのが楽しい。。。
後口も優しい甘味が残り、ぽわ〜んとゴキゲンな余韻を楽しめます。

フレッシュのパインをまるごと使っているで、サッパリとした甘味です。
そこに、ココナッツのコクと風味、ドライのマンゴーがさらに南国感を後押し。
 

DSC_0174
 
さっぱりとしたミルクアイスやヨーグルトに添えてどうぞ。

これは、FRUCTUSから夏フレーバーの暑中見舞い。
今年の夏、どこか行く人も、行かない人も、
トロピカ〜ルな南国味をお楽しみください♪

 
【Seasonal Edition】
トロピカルグラノーラ 購入はこちらから
180g 1,200円(税込1,296円)/限定生産につき完売次第終了
※松屋銀座の直営ショップでも販売いたします(卸ショップは順次販売予定)