Valentine’s Granola

archives

vd7
 

お正月ムードが落ち着いて、ようやく日常のペースに戻ってきた今日この頃。
街は少しずつ、バレンタインに向けて走り出しているようです。もちろんFRUCTUSも女性の味方! 相手を喜ばせる“とっておき”をバレンタインギフトに準備しました♪

今年のバレンタイングラノーラは、大人のコアなファンが多い『カカオグラノーラ』を、スペシャルエディションとしてバージョンアップ!

『カカオグラノーラ』と言えば、駒沢のショコラトリー『xocol(ショコル)』さんの自家製カカオニブを使った大人味のグラノーラ。『xocol』さんのカカオニブは、オーブンでカカオ豆を焙煎した後、ブラインダーで荒く砕き、唐箕を使って実と皮を分別した“チョコレートの原石”。そう、チョコレートになる前の焙煎したイカカオの粒のことなんです。ポリポリ、カリッとした朗らかな食感で、ほろ苦さと芳醇な風味についウットリ…。そんな大人の嗜好品をグラノーラ生地にた〜っぷり混ぜ込んでいるので、実はFRUCTUSで最も原価が高いそれはそれはリッチなお味なのです。カカオニブがたっぷり入っていますが、ココア・蜂蜜・ブラウンシュガーのソースでグラノーラを作っているので、心地良い甘味もきちんとついていて、何もかけずにそのまま食べてもらえる名作となっています★

さて、バレンタイングラノーラは、そんな『カカオグラノーラ』をお値段据え置きで、さらに特別バージョンとしてドライのネーブルを贅沢にミックス! このためだけに福岡県糸島の高橋農園さんが作ってくれたドライのネーブルを一袋にた〜っくさん詰め込み、ほろ苦いカカオに柑橘の爽やかなアクセントをちょい足ししました。
 
 
 
vd4
vd11
vd10
vd8
vd3
vd6
 
チョコ×オレンジの好バランスは皆さんご存知ですよね♡
その他、優しい甘さが広がるイチジクのドライと、鮮烈な風味のピンクペッパーが、時折お口に中で存在感を光らせます。
一口一口、噛めば噛むほど、賑やかな美味しさが味わえる『バレンタイングラノーラ』。男性はもちろん、女性も癖になる人が多いと思うので、“友チョコ”としてもオススメですよ♡
 
また、昨年大好評だった『Whytrophy(ワイトロフィー)』さんのロゼッタを、online限定のノベルティとしてプレゼント! 「今晩私と一緒に過ごさない?」なんて挑発的なメッセージを込めたロゼッタとともに、気になるあの人へお贈りください : )

 
【Seasonal Edition】
バレンタイングラノーラ 購入はこちらから
180g 1,500円(税込1,620円)/限定生産につき完売次第終了

 

DSC_0266 のコピー

 

2016年初催事!

\ 加工所のある福岡にて、イベント出店しています /
 

岩田屋 ニューヨークフェア2016

NEW YORKでお馴染みの食材やトレンドの食べ物をズラ〜リ集めた大催事が、1月6日(水)〜11日(祝)まで、福岡天神の岩田屋本店で開催中です。ベーカリー、ベーグル、パンケーキ、ドーナツ、カヌレ、ブルックリンラガー、ローストビーフ、クラムチャウダー……、そしてグラノーラ。食文化が盛んなNEW YORK FOODSの今を体感できる新しいフードイベントになっています。

「ロブスタープレイス」「フェイマスファミリア」「ファット・ウイッチ・ベーカリー」など“九州初出店”のラインナップの中で、FRUCTUSも作りたてのグラノーラをお届け! 各サイズ・フルラインを揃えて、皆様のご来店をお待ちしております : )

食の旅をぜひお楽しみください♪
 

■■■
岩田屋ニューヨークフェア2016
1月6日(水)〜11日(祝)
岩田屋本店 本館7階 大催事場
福岡市中央区天神2-5-35
10:00〜20:00(最終日は18:00まで)
■■■

2016年、あけましておめでとうございます。
よき新春をお迎えのことと、お喜び申し上げます。
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げるとともに、
本年もどうぞ、FRUCTUSをよろしくお願い申し上げます。

 
さて!
\ FRUCTUSでは本日より『新春グラノーラ』をonlineにて販売致します /
 
shinshun20
 
今年一発目のシーズナルエディションのテーマは、【抹茶+柿+ブドウ】。
 

shinshun2
shinshun4
shinshun3
 
ワビ・サビ、の世界観を、抹茶の渋味と柿とブドウの自然の甘味で表現しました。なんでしょうかね、温泉に入ったり、こたつでヌクヌクしたり、畳にゴロンと寝転がるときと同じような“和”の安心感。パッケージの袋を空けた時から抹茶の芳しい香りがフワ〜ッと広がり、その心地良さに思わず目を閉じて深呼吸したくなるんです。口に含んだ時の鼻孔の擽り方、グッとくる渋味、優しい甘味、スッキリとした後味。『151E』さんの九州産抹茶の威力を、とことん感じるグラノーラが出来上がりました!

そして、新年のおめでたムードを盛り上げるべく、福岡県うきは市のフルーツ農家さんに特別に用意してもらったドライの柿をトッピング。実はこの柿、ドライでは珍しくA級品の柿なんです…! 昨年のシーズナルエディション『桃グラノーラ』でもお願いした赤司さんが栽培したもので、通常なら全国からの予約のみで販売が終了するところを、『新春グラノーラ』のためにA級品の柿のドライを分けてもらいました。滅多に味わえない柿の美味しさを楽しめるなんて、これはまさに“福寄せ”のグラノーラでしょう〜!

もう一つ、福岡県糸島市の高橋農園さんから取り寄せた巨峰のドライもプラス。巨峰のドライも珍しいですよね。大粒だから食べ応えがあり、甘味が強く、噛むほどにジューシーさが口の中に広がって、抹茶の渋さと絶妙にマッチ! グラノーラと一緒に、またはグラノーラの箸休め的に、一粒ドライフルーツだけ頬張るのもおすすめです。
 

shinshun12
shinshun7
shinshun8
shinshun5
shinshun14

 
先行販売している松屋銀座の直営ショップでは、初売りから早々に飛び抜けた反響を頂いています!ありがとうございます : )

贅沢かつ新鮮な味わいを噛みしめながら、福いっぱいの2016年を!
癒しの香りと、ピュアでリッチな甘さをお楽しみください。

 
【Seasonal Edition】
新春グラノーラ 購入はこちらから
180g 1,400円(税込1,512円)/限定生産につき完売次第終了

kaki

福岡の加工所は今日で仕事納めです。
’15年12月26日(土)〜’16年1月3日(日)まで、年末年始のお休みをいただきます。
Online shopでの注文はお受けしますが、発送は1月4日(月)より順次ご対応いたします。

また、松屋銀座の直営ショップは1月1日(元旦)のみお休みで、1月2日(土)から初売りです!

’16年最初の新作は、『新春グラノーラ』と称して、柿と抹茶のグラノーラが登場します!
直営ショップはでは先行してこの『新春グラノーラ』を販売しておりますので、東京にいらっしゃる皆様、福寄せにどうぞご賞味くださいませ☆ onlineは1月4日(月)からの販売となります。どうぞお楽しみに!
 

そして、この場を借りて、大事なお知らせをさせていただきます。

///// 材料費高騰による価格改定について /////

弊社はこれまで安定供給に努めてまいりましたが、昨今の材料費などの高騰により、従来の価格の維持が困難なことから、誠に不本意ではございますが、価格改定をさせていただくことになりました。対象商品とその内容は下記の通りとなり、適用は’16年1月1日から開始させていただきます。(’15年内のonline購入は改定前の価格でお買い求めできます)
何卒ご理解いただきまして、引き続きご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

<対象商品および改定価格>
・Get Activated -ナッツグラノーラ-
S ¥570 、 M ¥1,280 、 L ¥2,360

・Grab Your Bottle -エジプト塩グラノーラ-
S ¥610 、 M ¥1,380 、 L ¥2,560

 
以上、FRUCTUSより大事なお知らせでした。
来年もどうぞ宜しくお願いいたしします。
皆様 良いお年をお過ごしください。。☆

nihongo5
nihongo 4
 
11月2日発売号のBRUTUS No.812にて、3Pに渡りクローズアップされている『スナック 日本號(にほんごう)』。
こちらにFRUCTUSのオーナーも登場しております。

福岡出身の編集者・伊藤総研さん。雑誌など多方面のメディアで活躍されていて、感度が高い方の間ではもうお馴染みの方、ですね。そんな伊藤さんが出身地である福岡に出したお店『スナック日本號』が、10月に大名(福岡を代表する繁華街)にてオープンしました。まさに“スナック”の舞台にふさわしく、ロケーションは小料理屋やバーが連なる年季の入った雑居ビル。

 
nihongo1
 
実は、『日本號』にFRUCTUSもちょっぴり関わらせてもらっています。
入店して席につくと出てくるチャーム(つきだし)は、FRUCTUSのナッツグラノーラエジプト塩グラノーラなのです。
 
FRUCTUSオーナーと伊藤さんはかねてより友人関係。
この『日本號』は、伊藤さんによりキャステング(編集)された錚々たるメンバーによって作られています。
・ロゴデザイン… village®/長嶋りかこさん
・空間デザイン+チェア製作… CASE-REAL/二俣公一さん
・おつまみのメニュー開発… 広沢京子さん
・ワインなどお酒… とどろき酒店/轟木渡さん、黄ちゃん
・アイテム選定… 山上祐子さん
・カードの活版印刷… CULTA/金澤正人さん
・チャーム(つきだし)… FRUCTUS!!!
・・・といった福岡を拠点に全国区で活躍されている面々。

バーにはカラオケもあります。博多美人のママもいますよ。
こじゃれているのに、どこかホッとする、包容力のある空間。
福岡にいるみなさんも、福岡に行く機会があるみなさんも、『日本號』でひっかけながら博多の夜をお愉しみください。

 
◆◆◆ 
日本號(にほんごう)
福岡県福岡市中央区大名2-1-50 第一公健ビル3F
092-714-7130
20時〜26時
不定休

 
nihongo3-2
nihongo3
nihongo

DSC_4955
DSC_4972
DSC_4968
DSC_4934
DSC_4965
 
グラノーラ加工所がある福岡に、新しいスタイルのカフェ『Saturday . AND READY』がオープンしました。

体が喜ぶ食事、心地良い空間、深呼吸できる時間。
身も心もリセットして、軽やかな心で新しい一歩を踏めるような… そんなカフェです。だから営業時間も早めの朝8時からと、福岡では珍しいモーニングタイムを実施。その朝食メニューに、FRUCTUSのグラノーラを使用したアサイーボウルを提供されています! ギッシリと盛られたフルーツの下に、我が社のグラノーラが盛り盛りっと! こんなオシャレな朝食で一日をスタートさせたいなぁ〜
 
↓ これはそのアサイーボウルです(お店のHPから借用☆)
 
PB282320
DSC_4937
DSC_4943
 
また、業務用ジンジャーコーディアルもFRUCTUSからご提供。先日のレセプションでは、生姜のピリッと濃い味を活かしたモスコミュールが出されていました(上の写真はそれです)!
通常は、『FRUCTUS×Saturday』の特性ジンジャーエールと、ジンジャーチャイがグランドメニューとして登場。炭酸は福岡でお馴染みの「松園式炭酸」が使われているので、超&超スパークリングなキレのある味わいですよ! ジンジャーチャイもローカフェインなので、妊婦さんやお子さんにも優しくて、今日のように寒い日にホットで飲むと体が温まってオススメ◎

カフェ内の空間やクリエイティブは、全国区で大活躍のイラストレーター・黒木仁史さんやMOGNO.6の内田洋一郎さん、友情出演(笑)にワンダーラストの宇佐幸弘さんなどなど… 福岡のクリエーターの集大成と言えるものでした。
店内の一角にはグッズのセレクトショップが併設されていて、久留米のMoonstarやCONVERSEのスニーカー、HIGHTIDEのステーショナリーなどが置いてあって、ここも“福岡ならでは”のラインナップ。面白いですね〜
 

DSC_4981
DSC_4977
DSC_4922
DSC_4919

 
遅くなりましたが、このカフェを仕掛けているのは、FRUCTUSも以前お世話になったフリーマガジン「AFRO福岡」を展開しているバズフックさん。ユーモラスな企画やオシャレな仕掛けなど、地元の盛り上げ役として多方面から引っ張りだこの企画制作プロダクションです。カフェでは、久留米の「COFFEE COUNTY」のスタッフがコーヒーを出していたり、食事メニューも野菜の仕入れや作り方、そして見せ方にコダワリがあって、細かい部分まで流石だなって思いました。

休日の朝ごはんや、友だちとのランチ、パーティの会場として使えそう! wi-fi完備だから、ノマドワークや打合せの場所としてもいいですね。夜ご飯はモリモリっと食べ応えあったし、キッズスペースを完備していて子連れのパパママも大喜び!

カフェの周りは閑静な住宅街。穴場のセレクトショップも点在しているので、お散歩がてら行きたい場所です。福岡にお住まいの方、また福岡に来られる方はぜひ☆

 
◆◆◆
Saturday . AND READY
福岡市中央区浄水通1-8-2F
092-406-3776
8:00〜22:00

早いものでもう11月下旬。2015年も終わりに近づきました。
今年お世話になったあの人へ、感謝を込めて贈り物を。

みなさん、歳暮の準備は整いましたか?
とっておきのギフトに、FRUCTUSのグラノーラが喜ばれています。
朝起きるのが楽しみになるほど毎日美味しく、朗らかに。
年の瀬のギフトは、あの人の笑顔が見えるものを贈ってください。

 
DSC_4914
DSC_1707
DSC_1740
 
 
定番メニューのベーシック、ナッツ、コーヒー、エジプト塩、カカオ。
それぞれ3サイズから選べて、よりどりセット購入も可能です。

お歳暮や冬のギフトへのパッケージ対応も、もちろん行なっております。
のしをご希望の方は、備考欄に「のし有り:(送り主のお名前)」をご明記の上、オーダーくださいませ。
また、複数箇所に配送が必要な方はお手数ですがお届け箇所毎にオーダーしていただくようお願いします。

 

初めてオーダーする方も選びやすい、人気のギフトセットをご紹介!

まずは、FRUCTUSのオールスターを詰め合わせたAセット:税抜 4,774円
ベーシック、ナッツ、コーヒー、エジプト塩の4種類を入れていて、それぞれMサイズなのでボリューム満点。グラノーラが大好き!という方にピッタリですし、FRUCTUSの持ち味を存分にお楽しみいただけるラインナップです。
↓↓↓
DSC_1861
 
もう一つは、Mセット×1点+Sセット×3点のお手頃Bセット:税抜 2,830円
ベーシックのMサイズと、ナッツ・コーヒー・エジプト塩のSサイズを詰め合わせたものです。ライフスタイルや食生活に興味がある方、グラノーラを食べ比べしてみたい方に贈ると喜ばれそうです。こちらは3000円以内でおまとめしていますので、プチギフトにちょうど良いですね。
↓↓↓
DSC_1752
 
2015年、今年も駆け足で過ぎたような気がします。
そんな日々の中でも、バックアップしてくれた人、笑顔をくれた人、縁を深めたい人、お世話になった人・・・etc.
いろいろなシチュエーションで人との絆を感じてきたことを思い出します。

今年も一年、本当にありがとうございました。
そして、来年もどうぞ宜しくお願いします。

そんな想いを美味しいグラノーラギフトに込めて。

fructus _a のコピー 2
 

11月20日(金)〜24日(火)まで、長崎県のアミュプラザにてFRUCTUSの出店イベントが決定しました!
去年から半年に一度、アミュプラザ長崎さんにお誘い頂いて、すっかり顔なじみのお客様も増えてきました。ちょっとずつFRUCTUSのグラノーラが浸透してきているかな・・・? 今回もまたお目にかかるのを楽しみにしております♪
 

長崎には全ラインナップをお届けしますよ!
Every Single Day -ベーシックグラノーラ-

Get Activated -ナッツグラノーラ-

A Cup of Joe -コーヒーグラノーラ-

Grab Your Bottle -エジプト塩グラノーラ-

Nibble After Dark -カカオグラノーラ-

 
FRUCTUSのグラノーラは初めてという方も、ぜひ味わってみてください。出店期間内は、加工所のスタッフが店頭に立ちますので、みなさんと直接お話できることを私たちも楽しみにしております。ぜひお立ち寄りください : )

■■■
AMU HAPPYDAYS
11月21日(金)〜24日(火)
10:00〜21:00
アミュプラザ長崎1階 フードコート横催事場にて出店
■■■

もうクリスマス?
そんな声が聞こえてきそうですが、街を歩けばアチコチでイルミネーションの灯りが灯る季節になりました。
FRUCTUSでもシーズナルエディションに【クリスマスグラノーラ】が登場です!

 
_xmas1
DSC_3423
 
毎冬のお楽しみと言えば、フランスの老舗チョコレート、ヴァローナ社のホワイトチョコ。こっくりとした優しい甘さは、寒い冬に心をじんわり暖めてくれる味わいです。一口の満足感が多くて、思い出すだけでも不思議と幸せな気持ちにさせますよね…♡ 去年に引き続き、今年ももちろんゴロッと幸せの一粒をたくさん入れていますのでご期待ください♪

といった感じで、ヴァローナ社のホワイトチョコはお馴染みの存在になっていますが、今年のクリスマスグラノーラのテーマは、【バナナ×ココナッツ×ホワイトチョコ】。なんと言ってもクリスマスは、子どもから大人までみんなが楽しみにしている一大イベント。たくさんの笑顔が溢れる時期だからこそ、そこにいる人たちがもっともっと幸せになるように、みんなが大好きなフルーツ:バナナをベースにグラノーラを仕上げました。バナナとココナッツのトロピカル味が、冬の寒さを陽気に盛り上げてくれますよ。

 
xmas
DSC_3364
DSC_3354_2
 
ズッシリと重たい、たわわな完熟バナナ。
これらをソースと絡めて自家製バナナシェイクにする工程からスタート。これを大量に作り、後からグラノーラ生地に混ぜ合わせるのです。

ちなみにグラノーラ生地には、雪山のようにサラサラと真っ白なココナッツフレークをたんまりと投入。続けて、カシューナッツやアーモンドスライスといったナッツ類も一緒にブレンドしていきます。
  
また隠し味として、カルダモンをプラス。これを加えることで、ナッツの香ばしさの余韻としてカルダモンの香りが残り、何とも言えない奥行きのある味わいを体感できるのです。
 

DSC_3344

DSC_3386
 
今回は、ナッツグラノーラ以上に塊(かたまり)を意識して焼き上げているので、手で摘むのにちょうど良いブロッキーな状態。そのまま何もかけずに美味しく食べられますし、ザクザクッとした食感がより楽しめます。
仕上げに、あの、ヴァローナ社のホワイトチョコを大きめに砕いて、ドライのクランベリーとバナナと一緒にブレンド。口溶けの良い豊かな味わいのチョコだから、しっかりと堪能できるように贅沢なサイズ感と量で入れていますよ。手で摘んで食べるのもオススメと言いましたが、寒い朝などにはホットミルクをかけて、ホワイトチョコを溶かしながらいただくのも素敵♡

クリスマスシーズンなので、パッケージもスペシャル仕様!
Noritakeさんのグラフィックを配した包装紙に入れて、さらにPAPIER LABO.さんにお願いしたクリスマスカードも添えてお渡しします☆
先日販売がスタートした新色のグラノーラ保存缶とセットでギフトすると、さらにグレードがアップして喜ばれそうです。
松屋銀座でもお気軽にご相談ください☆ onlineの際はギフトについてのご希望をご記入くださいませ。
 

SONY DSC
DSC_3471
_xmas2
 

それでは本日からクリスマスまで、1カ月余りのシーズナルエディションがスタートです!!!!

【Seasonal Edition】
クリスマスグラノーラ 購入はこちらから
180g 1,400円(税込1,512円)/限定生産につき完売次第終了

DSC_3147

 
先日、グレイトーンの新色を発表したグラノーラ保存缶。2011年の発売から現在までかれこれ40色以上を展開してきたのですが、その製作をお願いしているのが東京・浅草橋にあるブリキ缶の『加藤製作所』。

思い出してください。ブリキ缶と言えば、昔から実家やおじいちゃんの家で使われているような茶筒や海苔の保存缶をイメージしますよね。表面が和紙で覆れた茶筒の蓋を開けると内側はシルバーのブリキだったりして、海苔の四角い缶やクッキーの詰め合わせ缶は、食べて終わった後は収納ボックスとして二次利用していませんでしたか?(←コレってすごく庶民的。笑)
そんな風に昔から私たちの暮らしに根付いていたブリキ缶を、加藤さんは今も変わらないスタイルで製造しています。

『加藤製作所』は、明治28年創業の110年以上の歴史を持つ老舗。
缶工場は、事務所と同じ東京・浅草橋にあります。FRUCTUSのオーナーが以前イベントで一緒になった紅茶屋さんの紹介で、加藤さんとのお付き合いが始まりました。ブリキ缶メーカーの老舗として、昔ながらの茶筒や海苔缶などはもちろんのこと、最近は若い層に指示されているコーヒーショップやクリエーターと組んで新しい試みにもチャレンジされています。

 
_DSC_1122

_DSC_1231

 
少し前に工場見学をさせてもらって、缶の製造に対するボンヤリとした想像から、直接話を聞いたり見せてもらうことで驚愕の事実を目の当たりにしました。私たちが販売していたグラノーラ保存缶は、日本が誇るべき希少な職人による伝統技術の集大成だったのです! そんな素晴らしいブリキ缶の製造秘話を、みなさんにご紹介したいと思います。

加藤製作所の工場には、年季の入った塗装ブース、焼き窯、作業棚にさまざな色の塗料が所狭しと並んでいます。そしてここに並ぶ1つ1つの塗料は、発注先ごとに分けて用意しているそう(たとえ同系色でも色の配合が微妙に異なるので、依頼主専門のペンキを分ける必要があるとか)。あ、FRUCTUSの塗料を発見! これは松屋銀座限定のカラーのものです。
 

_DSC_1116
_DSC_1236
_DSC_1145

 
さて、オーダーしたブリキ缶が完成するまでの工程は、すべてこの工場で行なわれているわけではありません。また、加藤さんが一から十までを行なうわけでもありません。このブリキ缶は、いろんな外部の職人さんによる手仕事と機械行程が合わさって完成する、分業スタイルなのです。

まずは缶の生地づくりから。
プレス屋の職人さんにブリキの板金からフタ面と底面を抜いてもらいます。次は別の職人さんがフタの天板と筒、本体の底面と筒を繋ぎます。FRUCTUSの保存缶のように、フタの付け根の縁に凸(でっぱり)がないものは職人さんによる手仕事で行なわれ、縁に丸っこい凸があるものは機械で作業します。ちなみに、FRUCTUSの缶が凸を付けずフラットに仕上げた理由は、フタと本体のつなぎ目にロゴを載せているから。凸を付けると簡単な機械作業で済むのですが、凸部分に文字が乗るのが見た目に美しくないので、手間を掛けてでも凸無しでフラットに仕上げたかったのです。
さらに内ぶたの製造は、また別の内ぶた職人さんと、またまた別の(内ぶたの)取っ職人さんとで分業しているとか。

こうして、素のブリキ缶が外部の職人たちにより作られ、『加藤製作所』に届きます。ここからが加藤さんの出番(もちろん缶の生地の発注や職人さんたちへのオーダーなども加藤さんがやってくれるのですが)。
 

_DSC_1117
_DSC_1196
_DSC_1163

 
噴射機を使用し、吹き付け塗装を工場内で塗装を行ないます。缶の色は発注主によって微妙に異なるため、それぞれオリジナルカラーとして塗料を調合メーカーから仕入れるそう。缶のベースの色となる塗料が手に入ったところで、それを缶全体に霧吹きをかけて、ムラなく色づけしていきます。
ベースカラーの上にロゴやイラストなどを合わせたい場合は、ベースの塗料が完全に乾いた状態で上からプリントする必要があります(この乾燥が甘いと上から重ねる文字やイラストが滲んだり、よれたりするんです)。塗料の乾燥は、工場内にある年代物の大きな釜で焼いて行ないます。缶の色によっても焼く時間が異なり、Noritakeさんのホームページ内で限定販売したグラノーラ保存缶は白色なので燃焼時間が一番長いと聞きました。

 
_DSC_1336
_DSC_1331

 
最後の行程として、蒔絵師によりロゴやイラストが施されます。シルクスクリーンでプリントする技術を応用し、グラフィックデザインを昔ながらのブリキ缶に落とし込むという画期的なアイデア。古い印象があった茶筒缶がまったく新しい印象のものとなって若い層の注目を集め、表現の幅、用途の幅が一気に広がっています。コーヒー豆、紅茶の葉、シリアル、薬味や調味料、おやつ、文具、オモチャ、アクセサリー…などなど、いろんなモノを詰めて、見せる収納として棚に置いておくような存在。

さて、完成したブリキ缶。一体何人の職人さんが携わったでしょう?
答えは、5人! 加藤さん以外に5つの職人技が合わさって一つの缶が完成するなんて、脱帽ものの製作ストーリーです。どこかで作業がストップすれば、完成も延期せざる得ないし、全てが機械のように予定通りにいくとは限らない状況(ご年配の職人さんもいらっしゃいますし)。だけど、こんなにも丹念に作られていると知ると、ブリキ缶に対する愛情と尊敬の心が湧いてきますよね。加藤さんのように手作りのブリキ缶製造を行なうのは、国内でも3社だけだそうです。

缶やその工場によってはコスト削減のために、最初に色や柄を板金に施し、その後に筒状に組み立てるスタイルの製作もあるそうです。全行程を機械で行なうことだってできます。ただし組み立てた後にズレが生じたり、補修やサイズ調整が効きにくいので、やっぱり加藤さんのようなクオリティ重視の昔ながらの製造は理想的だと確信。仕上がりの風合いもやっぱり職人による手作業が一番。手間とお金をかけてでも、大事にしたい部分がハッキリとあるのです。
 

_DSC_1279
_DSC_1277
_DSC_1300

 
事務所では、加藤さんの妹さんとご両親が迎えてくれました。「茶筒としてより雑貨感覚で使われたいと思ったんです。これまではお茶や海苔など、中身が主役だったけれど、外見のルックスにこだわり、デザインされたプロダクトとしてシルクスクリーンのアレンジに挑戦しました。12〜13年前に中川ワニさんから依頼があった、ワニコーヒーの豆缶がその初の試みです」。

伝統と現代のスタイルを交ぜ合わせ、全く新しいモノを作り上げる。モノのクオリティは大前提。そこにデザインがあるか否か。ワクワクする気持ちも大事にしたいというのはFRUCTUSのグラノーラも同じです。

ご自宅でお持ちのカラーも新色のグラノーラ保存缶も、このような生産背景で大事に、大事に作られているということを感じながら、毎日の暮らしの中で使ってほしいなと思います。

あなたが持っているグラノーラ保存缶は、間違いなく「本物」です。

 
DSC_3183