グラノーラ保存缶のお話。

archives

DSC_3147

 
先日、グレイトーンの新色を発表したグラノーラ保存缶。2011年の発売から現在までかれこれ40色以上を展開してきたのですが、その製作をお願いしているのが東京・浅草橋にあるブリキ缶の『加藤製作所』。

思い出してください。ブリキ缶と言えば、昔から実家やおじいちゃんの家で使われているような茶筒や海苔の保存缶をイメージしますよね。表面が和紙で覆れた茶筒の蓋を開けると内側はシルバーのブリキだったりして、海苔の四角い缶やクッキーの詰め合わせ缶は、食べて終わった後は収納ボックスとして二次利用していませんでしたか?(←コレってすごく庶民的。笑)
そんな風に昔から私たちの暮らしに根付いていたブリキ缶を、加藤さんは今も変わらないスタイルで製造しています。

『加藤製作所』は、明治28年創業の110年以上の歴史を持つ老舗。
缶工場は、事務所と同じ東京・浅草橋にあります。FRUCTUSのオーナーが以前イベントで一緒になった紅茶屋さんの紹介で、加藤さんとのお付き合いが始まりました。ブリキ缶メーカーの老舗として、昔ながらの茶筒や海苔缶などはもちろんのこと、最近は若い層に指示されているコーヒーショップやクリエーターと組んで新しい試みにもチャレンジされています。

 
_DSC_1122

_DSC_1231

 
少し前に工場見学をさせてもらって、缶の製造に対するボンヤリとした想像から、直接話を聞いたり見せてもらうことで驚愕の事実を目の当たりにしました。私たちが販売していたグラノーラ保存缶は、日本が誇るべき希少な職人による伝統技術の集大成だったのです! そんな素晴らしいブリキ缶の製造秘話を、みなさんにご紹介したいと思います。

加藤製作所の工場には、年季の入った塗装ブース、焼き窯、作業棚にさまざな色の塗料が所狭しと並んでいます。そしてここに並ぶ1つ1つの塗料は、発注先ごとに分けて用意しているそう(たとえ同系色でも色の配合が微妙に異なるので、依頼主専門のペンキを分ける必要があるとか)。あ、FRUCTUSの塗料を発見! これは松屋銀座限定のカラーのものです。
 

_DSC_1116
_DSC_1236
_DSC_1145

 
さて、オーダーしたブリキ缶が完成するまでの工程は、すべてこの工場で行なわれているわけではありません。また、加藤さんが一から十までを行なうわけでもありません。このブリキ缶は、いろんな外部の職人さんによる手仕事と機械行程が合わさって完成する、分業スタイルなのです。

まずは缶の生地づくりから。
プレス屋の職人さんにブリキの板金からフタ面と底面を抜いてもらいます。次は別の職人さんがフタの天板と筒、本体の底面と筒を繋ぎます。FRUCTUSの保存缶のように、フタの付け根の縁に凸(でっぱり)がないものは職人さんによる手仕事で行なわれ、縁に丸っこい凸があるものは機械で作業します。ちなみに、FRUCTUSの缶が凸を付けずフラットに仕上げた理由は、フタと本体のつなぎ目にロゴを載せているから。凸を付けると簡単な機械作業で済むのですが、凸部分に文字が乗るのが見た目に美しくないので、手間を掛けてでも凸無しでフラットに仕上げたかったのです。
さらに内ぶたの製造は、また別の内ぶた職人さんと、またまた別の(内ぶたの)取っ職人さんとで分業しているとか。

こうして、素のブリキ缶が外部の職人たちにより作られ、『加藤製作所』に届きます。ここからが加藤さんの出番(もちろん缶の生地の発注や職人さんたちへのオーダーなども加藤さんがやってくれるのですが)。
 

_DSC_1117
_DSC_1196
_DSC_1163

 
噴射機を使用し、吹き付け塗装を工場内で塗装を行ないます。缶の色は発注主によって微妙に異なるため、それぞれオリジナルカラーとして塗料を調合メーカーから仕入れるそう。缶のベースの色となる塗料が手に入ったところで、それを缶全体に霧吹きをかけて、ムラなく色づけしていきます。
ベースカラーの上にロゴやイラストなどを合わせたい場合は、ベースの塗料が完全に乾いた状態で上からプリントする必要があります(この乾燥が甘いと上から重ねる文字やイラストが滲んだり、よれたりするんです)。塗料の乾燥は、工場内にある年代物の大きな釜で焼いて行ないます。缶の色によっても焼く時間が異なり、Noritakeさんのホームページ内で限定販売したグラノーラ保存缶は白色なので燃焼時間が一番長いと聞きました。

 
_DSC_1336
_DSC_1331

 
最後の行程として、蒔絵師によりロゴやイラストが施されます。シルクスクリーンでプリントする技術を応用し、グラフィックデザインを昔ながらのブリキ缶に落とし込むという画期的なアイデア。古い印象があった茶筒缶がまったく新しい印象のものとなって若い層の注目を集め、表現の幅、用途の幅が一気に広がっています。コーヒー豆、紅茶の葉、シリアル、薬味や調味料、おやつ、文具、オモチャ、アクセサリー…などなど、いろんなモノを詰めて、見せる収納として棚に置いておくような存在。

さて、完成したブリキ缶。一体何人の職人さんが携わったでしょう?
答えは、5人! 加藤さん以外に5つの職人技が合わさって一つの缶が完成するなんて、脱帽ものの製作ストーリーです。どこかで作業がストップすれば、完成も延期せざる得ないし、全てが機械のように予定通りにいくとは限らない状況(ご年配の職人さんもいらっしゃいますし)。だけど、こんなにも丹念に作られていると知ると、ブリキ缶に対する愛情と尊敬の心が湧いてきますよね。加藤さんのように手作りのブリキ缶製造を行なうのは、国内でも3社だけだそうです。

缶やその工場によってはコスト削減のために、最初に色や柄を板金に施し、その後に筒状に組み立てるスタイルの製作もあるそうです。全行程を機械で行なうことだってできます。ただし組み立てた後にズレが生じたり、補修やサイズ調整が効きにくいので、やっぱり加藤さんのようなクオリティ重視の昔ながらの製造は理想的だと確信。仕上がりの風合いもやっぱり職人による手作業が一番。手間とお金をかけてでも、大事にしたい部分がハッキリとあるのです。
 

_DSC_1279
_DSC_1277
_DSC_1300

 
事務所では、加藤さんの妹さんとご両親が迎えてくれました。「茶筒としてより雑貨感覚で使われたいと思ったんです。これまではお茶や海苔など、中身が主役だったけれど、外見のルックスにこだわり、デザインされたプロダクトとしてシルクスクリーンのアレンジに挑戦しました。12〜13年前に中川ワニさんから依頼があった、ワニコーヒーの豆缶がその初の試みです」。

伝統と現代のスタイルを交ぜ合わせ、全く新しいモノを作り上げる。モノのクオリティは大前提。そこにデザインがあるか否か。ワクワクする気持ちも大事にしたいというのはFRUCTUSのグラノーラも同じです。

ご自宅でお持ちのカラーも新色のグラノーラ保存缶も、このような生産背景で大事に、大事に作られているということを感じながら、毎日の暮らしの中で使ってほしいなと思います。

あなたが持っているグラノーラ保存缶は、間違いなく「本物」です。

 
DSC_3183

お客様各位

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、このたび、松屋銀座地下1階フラクタスにおきまして、
10月23日(金)から10月25日(日)に販売いたしました『いもグラノーラ』におきまして、
本社製造工場にて、商品にカビが発生していることが判明いたしました。
誠に申し訳ございませんでした。心よりお詫び申し上げます。

尚、当該商品をご購入されましたお客様は、大変お手数ですが、下記のお問い合わせ
先までご連絡をいただけますようお願い申し上げます。

販売店: 松屋銀座地下1階 フラクタス
販売商品: いもグラノーラ 本体価格1400円 税込価格1512円
販売個数: 5個
販売日時: 2015年10月27日(火)10:00-20:00

お問い合わせ先
株式会社スツール 福岡フラクタス加工所 
fructus48@gmail.com
092-731-8040 FAX

今後は、このようなことの無いよう再発防止に努めてまいります。
この度は誠に申し訳ございませんでした。

DSC_3159

お待たせしました。
1年ぶりに、グラノーラ保存缶の新色が登場です!

今季のカラーはユニセックスでカッコいいですよ。
ブルーグレイ、ライトグレイ、ダークグレイ。
マニッシュでオシャレなあの人が好んでくれそうな、そんな色合い。
冬らしくて、クールで、男性はもちろん、サラリと女性が使っていても様になりそうです。

そもそも、このカラーは、4年前にリリース予定だったものなんです。グラノーラ保存缶の制作は、包装紙と同じくPAPIER LABO.の江藤さんにお願いをしていて、2011年9月頃に第一弾を発売し、その時はFRUCTUSのテーマカラーにちなんでイエローを基調とした3色展開でした。同年12月の第二弾はクリスマスカラー、翌年2月の第三弾はバレンタインを意識した色、…と続いた中での第三弾の別案が今回のカラーだったのです。

DSC_3176
A4_fructus can 3-2

↑ これは、その時のカタログシート。実際には使われなかったもの。
ね、ロゴも以前のものでしょう。バレンタインのシーズンということもあり、メンズ寄りのカラーにしていたけれど、女性目線で「そんなの売れないわよ〜」とあえなく却下されたもの(笑)。しかし時が経ち、2015年の今見ると、また新鮮でカッコイイと感じるわけで。当時はナシだったけれど、今はアリでしょう的な。ファッションもメンズライクなもの、ユニセックスなデザインが今っぽいし、パッと明るい色も良いけれど、シックで媚びない雰囲気のグレイトーンが好き。一度はお蔵入りにしたものの、FRUCTUSのオーナーやPAPIER LABO.の江藤さんも、ずっとこのカラー案を心残りに思っていたそうですよ。

DSC_3202

蓋の上には、Noritakeさんのスプーンのイラストとロゴが載っています。FRUCTUSにとってはお馴染みのトレードマーク。
そういえば、グラノーラ保存缶は、PAPIER LABO.の江藤さん・Noritakeさん・FRUCTUSオーナーの3人でやる初めての仕事だったそう。グラノーラの楽しさを伝えたくて、グラノーラ周りのグッズがあれば良いな、ルックスが良い保存缶があったら良いなとオーナーが思ったところが始まり。制作関係で信頼を寄せている江藤さんにデザインをお願いし、江藤さんの紹介でNoritakeさんにスプーンのイラストを描いてもらうことに。ということは、グラノーラ保存缶がなければNoritakeさんのスプーンの絵もロゴもこの世に生まれていなかったのかも…(グラノーラ保存缶ばんざい)!
そしてもう一つ、グラノーラ保存缶の制作に欠かせない存在である東京・浅草橋のブリキ缶メーカー「加藤製作所」。ここで作られる缶…、本を一冊作れそうなほど完成までのプロセスが壮大で、そうそうたる職人たちによる技の集大成なのです。いやほんと、すごいんです。その製作秘話については次回お伝えしますね!

tokyo2
tokyo
DSC_3147
 
今や40色もあるグラノーラ保存缶ですが(以前のものはほぼ売切れ)、今季のカラーは一番スタイリッシュで今っぽい雰囲気です。
中蓋もあるので気密性が高く、ホールド力もバツグン。蓋を閉じた時にカチッとロゴがハマる感じも爽快だったり。グラノーラはもちろん、おやつや小物入れとしてアレンジしながら自由にお使いください。

※今回のグラノーラ保存缶は、松屋銀座の直営ショップとonlineのみの販売となります
(松屋銀座の直営ショップは11月13日(金)からの販売です。お取り置きはできかねますので、予めご了承くださいませ)

【Storage Containers】
グラノーラ保存缶 購入はこちらから
1,800円(税込1,944円)/限定生産につき完売次第終了

Welcome to the さつまいも’s season!!!

すっかり秋めいてきましたね〜、さつまいもの季節ですね〜。
今回のシーズナルエディションは、とっても贅沢な“とっておき”をご用意しましたよ。
さつまいもの中でもとびきり甘くて美味しい、「安納芋」をフューチャリングしてお届け!!!

imo1
imo2

いつもドライフルーツをお願いしている、糸島の高橋農園さんの安納芋のドライ(干し芋)が到着しました。たわわな安納芋がギュッと締まり、噛むほどにねっとりと甘味が広がって、濃い味わい。毎度思いますが、高橋農園さんのドライは本当に美味しい。そして安納芋、あらためて旨い。

ちなみに、毎度シーズナルエディションはテーマがはっきりしているので素材名=商品名になっていますが、今回はネーミングに悩みました…。なぜなら、“さつまいも”だけじゃないから。
単純に安納芋だけを引き出しているわけではなく、素材の組み合わせ方や味付けに、ひとひねりも、ふたひねりもしているんです。結論的に、FRUCTUSが出した答えは、さつまいもにオレンジの柑橘を合わせ、さらに液体のジンジャーコーディアル、そしてスパイスとなるカルダモン、クローブ、シナモンを加えて、風味や味にインパクトを付けました。
さつまいも×柑橘×スパイス、そんな面白い組み合わせ。

まず生地づくりから贅を尽くします。
ソースの中に安納芋のペーストを大量投入!
このままスイートポテトが作れるほどのほっくり濃厚なペースト。生地に芋のテイストをしっかり練り込むべく、惜しみなくた〜っぷり入れています。

 
imo7_2
imo6
imo5
imo4
imo3
 

さつまいもペーストをソースに馴染ませた後は、大量のジンジャーコーディアル(シロップ)の出番です! これをソースに含ませることで味に深みが出て、後々のスパイスの風味を底上げしてくれるんです。仕上がったソースは、オート麦・アーモンド・クルミ・かぼちゃの種といったグラノーラ生地に混ぜ込んでいきます。
生地にはナッツ類がゴロゴロたくさん。かぼちゃの種も入っていて秋らしい!? 焼き上げる際にカタマリが残るように整えているので、いつも以上にザクザクとした食感を楽しめますよ。

最後の仕上げに、オレンジのドライをミキサーで細かく刻み、焼き上げたグラノーラにミックスします。さらに甘酸っぱいカレンズもたっぷりと。干し芋は別包装にしているので、お好みのサイズにカットしてミックスしたり、そのままガブリと頂いてもOKですよ♪
 

imo9
imo10_1
imo11_3
 

味の印象について。最初はカルダモンやクローブのスパイスの風味と味わい、途中で柑橘類のアクセント、ぽりぽりと噛むほどに芋の甘味が広がる…。そんな何層のテイストを楽しめる、深い深〜い一口です。ぜひ、そのまま味わってください!

今回のシーズナルエディションは、FRUCTUSが表現する「秋の味覚」。
ハッとするほど全く新しい美味しさを楽しめますよ。ぜひご堪能ください。
 
 
【Seasonal Edition】
おさつグラノーラ 購入はこちらから
180g 1,400円(税込1,512円)/限定生産につき完売次第終了

 

 
  

SONY DSC

料理家のたかはしよしこさんとコラボした、「エジプト塩グラノーラ」。
お客様の反応がすこぶる良くて、接客する私たちもちょっとビックリするくらい…。「塩味ですか?」と聞かれますが、単純に塩味ではなくて、複雑なスパイスが混じり合う、香り豊かでエキゾチックなグラノーラです! 画面の前のみなさんに、この香りをお伝えしたい〜。。。香ばしくて、鼻孔をくすぐる香り。スパイスたっぷりのカレー風味と言ったら分かりやすいでしょうか。とにかくエジプト塩(以下・エジオ)は、食欲(ビール欲?)を掻き立てるフレーバーなのです。
 
 
さて少し前のお話ですが、FRUCTUSのオーナーと一緒に品川区荏原にある『エジプト塩食堂』へ行き、たかはしよしこさんに会ってきました。スタッフSは、初・エジオ食堂! お店は芳しいスパイスの香りに包まれていました(ゴクリ…)。
 
DSC_1490DSC_1390DSC_1402DSC_1403
 
たかはしよしこさんと娘ちゃんがお出迎え☺
エジオの瓶のシールそのまんまの和み系なたかはしよしこさん。
もともとはランドスケーププロダクツの中原さんのところで、インテリアの販売スタッフとして働いていらっしゃいました。そこで審美眼や価値観を養い、人との出会いにも恵まれ、それとはまた別のアルバイト先の飲食店でキッチンに立った際に、作ることの楽しさを体感し、本格的に飲食の世界に入られたそう。
転機となったのは『45rpm』の社員食堂でお仕事。
普通のレストランだったらメニューがだいたい定番で固定しているところを、『45rpm』の社員食堂ではその日の生産者からの仕入れ内容でメニューを決めるというスタイルだったとか。「食べ物で体はできている。良質なもの・健康的なものを食べて元気に服を売ろう!」というのが同ブランドの企業理念だったらしく、社員に向けての企業努力が素晴らしいですよね。日替わりメニューというアレンジ力に加え、社員食堂ということでランチタイムに100人規模の食事を作るノウハウも身につけたとのこと。1年間の試験的取り組みで終了した社員食堂ですが、たかはしさんは一緒に厨房で働いていた女の子とケータリングを始めることに。ここで、エジプト塩が誕生するのです!!!

DSC_1368DSC_1439
  
当時はケータリングメニューの添え物として置いていたサブキャラだったエジオ。野菜を中心としたメニュー展開の中でも野菜のディップが人気だったそうで、そこに添え物だったエジオの存在感が光り、初めての体感する味と食感にお客さんから大反響! 雑誌でも特集が組まれるほど、エジオは主役級になっていったのです。

商品化したのは約4年前。今も調布市・多摩川河川敷で開催されている「もみじ市」で調味料として瓶詰め販売することに(これが今のエジオ)。かわいいシールは、旦那さんによるもの。

DSC_1363DSC_1385
 
2012年6月、『エジプト塩食堂』をオープン。
「最初は引き立て役だったエジオが、今やブランドの主役となり、一人歩きしています(笑)」とたかはしさん。食堂では、エジオを使った日替わりのランチプレートやデザート、自家製シロップのドリンクなどが楽しめるほか、特筆すべきは「エジオかけ放題」(笑)。ただしランチは30食限定で、オープン前には軒先に行列ができ、みるみる店内が満席に! この日のランチプレートは、コロッケやチキン、野菜のマリネやキヌアサラダなどがモリモリ乗っていて、これをエジオとともにピタパンにサンドするという楽しいランチメニューでした。

DSC_1430DSC_1458
 
「大事にしてることは、生産者と料理を作る人とお客さんが気持ちよく循環する関係性。元気な農作物を育ててもらって、それをお店で美味しく料理し、お客さんに楽しんで食べてもらって、喜びがま〜るく循環したら幸せだな、と思っています」。

スタッフの一丸となったチーム力と、良い意味でのマイペース感。
そして食べる人が「こんなの初めて…!」と驚く味わい。もちろんそれは美味しくて、また食べたくなる味。うーん、理想的ですね。
フラクタスの前工場長・富永さんが「大好きなエジオをグラノーラにできるって嬉しい! “食べるエジオ”にしたい!」と言っていたのを思い出しました。これからも私たちはたくさんのエジオファンに、そしてフラクタスファンに、驚きと喜びを与えられるようにエジプト塩グラノーラを作り続けたいなと、改めて感じました。

まだ未体験の方は、ぜひ、この魅惑のフレーバーをご堪能ください☆
\ お酒が好きな人はツマミにもってこいですよ!/

SONY DSC
SONY DSC
 
FRUCTUS松屋銀座店 販売員さんをアルバイト急募しています!
時給:1,050円〜
交通費:1日2,000円上限
勤務地:松屋銀座(アクセスはこちら
週3日〜/9時30分〜20時30でシフト制(応相談)

 
福岡グラノーラ製造スタッフ アルバイト募集です。
時給:900円〜
交通費:1日800円上限
勤務地:福岡県福岡市中央区薬院
週3日〜フルタイム/9時〜17時でシフト制
 

両方とも頑張り次第で社員雇用のステップアップも可能です。
男女年齢は問いません、未経験の方も大歓迎!!!
(グラノーラの社販あり◎)

どうぞ、fructus48@gmail.com までご連絡をください。

シルバーウィークお休みのお知らせ
 
9月19日(土)〜9月23日(水)まで加工所はお休みを頂きます。
Online shopのご注文は可能ですが、
発送は、9月24日(木)より順次ご対応いたしますので予めご了承ください。

なお、松屋銀座の直営ショップは休まず営業しております。
東京にいらっしゃる際はぜひお立ち寄りくださいませ♪

9月に入り、すっかり涼しい風が吹くようになりました。
夏休みを振り返ったり、サンサンとした陽がちょっぴり恋しくなる季節です。
市場ではもう秋のフルーツやお野菜が登場していますが、FRUCTUSでは大好きな夏の味わいをプレイバックするように、みんなが夢中になるあのフルーツの限定味を作りました。そのフルーツは、、、桃です♡

桃グラノーラ、本日から数量限定で発売します!
 

momo22
 
シーズナルエディション=季節限定のフレーバーは、だいたい毎年恒例のものや、人気商品の復活がほとんどですが、今回の桃に関しては“FRUCTUS初”なんです。キュッと胸が一杯になる美味しさ、とろける甘味、ジューシーな果汁…。人を幸せにする桃の味わいをグラノーラで表現したくて、加工所のスタッフが腕をまくって初挑戦しました!

ここでキーパーソンとなるのが、桃の生産者。私たちは浮羽の赤司農園さんに、材料となる桃をお願いしました。赤司さんはお父様と一緒に桃と柿を育てているフルーツ農家で、特に桃に関しては“桃名人”という称号も! 全国に彼の桃を心待ちにしているお取り寄せファンが多数いて、実はFRUCTUSも以前赤司さんが所属していた若手農家集団「うきは百姓組」とグラノーラをコラボし、“いつか赤司さんの桃でグラノーラを作りたいな”と思っていたのでした。

 
本格的に商品化へと動き出したのは6月頃。まずはご本人に会いに浮羽へ。
「お久しぶりです」と挨拶を交わすなり、「畑を見に行ってみますか?」と案内してもらいました。
 
SONY DSCSONY DSCSONY DSCSONY DSCSONY DSCSONY DSC

桃は冬に仕込みをスタートさせるそうで、花を咲かせるのは3月。開花しすぎると枝が重たくなって下へ下へと垂れてしまい陽が当たらなくなるし、葉が密集しても日光不足になる。それは実の成長を止めてしまう恐れがあるので、花や葉を摘むことで採光のバランスを取り、枝の下の方にも立派な実ができるように“まびく”そう。こういった畑や木のお世話を丹念にすることで、根元に実る桃は通常S〜M玉のところ、赤司さんの桃の木には2L玉の大サイズが実るんですって! また収穫タイミングも要。出荷量や収穫期間を人間の都合に合わせるのではなく、桃の合図を待って“成熟”したものだけを収穫しているのです。本来木に実るフルーツは、自然現象でポトッと落ちる瞬間のものが一番美味しいタイミング。落ちたら傷が付いて出荷量は減るけれど、赤司さんは「成熟した桃=旬の美味しさを届けたい!」という思いで、そのリスクを厭わず、お客さんにも桃の合図を待ってもらうそうです(お客さんもこの思いと自然の摂理をちゃんと理解していらっしゃる方ばかり!)。
さらにドライフルーツに使う桃にもコダワリが。市場のドライフルーツは旬を逃したものやキズものを乾燥させて砂糖漬けにしているパターンが多い中で、赤司さんの桃のドライは、きちんと桃の熟度を選別したもの、いわゆる旬のみを使っているので、砂糖漬けしなくても桃の味が鮮やか。旨味がギュッと詰まって美味しいんです…!!!

「キズものを使うと味が落ちるから、ドライで使う桃も生の状態で出荷できるものだけを使っています」。

 
momo14

 
桃の時期って短いけれど、いつも味わえるものじゃないからこそ、年に一度の美味しいお楽しみ。そんな桃をドライにして、少しでも長く噛みしめられるように…。

今回シーズナルエディションで使っている桃は「嶺鳳(れいほう)」という品種。
水分量が少なく硬めで、糖度が高く、豊かな香りが特徴。
砂糖漬けせずとも甘くてジューシーなドライの桃の美味しさを存分に味わってほしくて、グラノーラに入れたフルーツは桃のみ! 生地も究極にシンプルにし、ソースには赤司さんの自家製ピーチシロップをプラス。アーモンドスライスとココナッツフレークの朗らかな香ばしさとともに、ジュワッと桃の果実味が広がり、噛めば噛むほど美味しさが増します。生地から、ドライフルーツから、お口で膨らむ至福感。
 
momo16momo20momo_C

 
これはぜひ、そのまま何もかけずに食べてもらいたい…!
そしてサッパリしたバニラアイスと和えたり、フレッシュの桃といただくのも贅沢ですね♪
お酒好きの方は、白ワインのお供にぜひ…♡

大好きな桃の季節がパァッ…と蘇りますよ。
ぜひ、ご堪能ください。

 
【Seasonal Edition】
桃グラノーラ 購入はこちらから
180g 1,400円(税込1,512円)/限定生産につき完売次第終了
 

DSC_1667

 
北海道のみなさんにお知らせです。

\FRUCTUSが札幌三越にやってきま〜す!/

「〜日本のうまいもん〜厳選ぐるめフェスタ」という札幌三越の催事に、福岡代表として出店します。イベント期間は8月25日(日)〜9月1日(火)の8日間。福岡の加工所から焼きたてのグラノーラをたくさん用意して北海道へビュンッとお届けしますよ〜。ラインナップは以下の5種類です。

Every Single Day ベーシックグラノーラ
Get Activated ナッツグラノーラ
A Cup of Joe コーヒーグラノーラ
Grab Your Bottle エジプト塩グラノーラ
Nibble After Dark カカオグラノーラ
 

今年から福岡県外の卸展開をストップしたので、北海道のみなさんにお届けするのは貴重な機会であり、出店イベントとしては初めての試み。online購入でいつもお召し上がりになってくださっている方もお久しぶりの方も、FRUCTUSのグラノーラを味わってみたいという初めての方も、味わいや製造について話を聞いたり、一口お味見しながら、お気に入りのフレーバーをご自宅で楽しんでみてください。私たちも北海道のみなさんとお会いできるのを楽しみにしています♪

ぜひ遊びにきてください : )

■EVENT
「〜日本のうまいもん〜厳選ぐるめフェスタ」
期間:8月25日(日)〜9月1日(火)
会場:札幌三越 10階催事場
時間:10:00〜19:00(最終日の9月1日は18:00閉場)

 
***********************************
FRUCTUS松屋銀座 販売スタッフ募集
時給:1,050円〜 
交通費:1日2,000円上限
勤務地:松屋銀座(アクセスはこちら
週3日〜/9時30分〜20時30分のシフト制(応相談)
販売未経験の方も大歓迎、男女年齢は問いません。
がんばり次第で社員雇用も見込めますので
ぜひ、fructus48@gmail.com までご連絡をください!

DSC_0277
  
お盆休みのお知らせ
 
8月13日(木)〜8月16日(日)まで、加工所はお盆のお休みをいただきます。
Online shopのご注文は可能ですが、
発送は8月17日(月)より順次ご対応いたしますので予めご了承ください。

これからお盆休みをとる方も、ちょっと時期をズラして休む方も
たくさん遊んで思い出に残る夏をお過ごしください♪

 
※お盆期間中も松屋銀座の直営ショップは営業しております
\松屋銀座の直営ショップは引き続き、スタッフ募集中です/