About Fructus

歴史

フラクタスは2010年の4月に千駄ヶ谷にジューススタンドとしてオープンしました。
オープン2ヶ月目で日本には四季がある為に果物が極端に少なくなる時期が有る事を知りました。
フレッシュジュース屋として商売が厳しくなる現実に直面しました。
その時に出会った方からシロップの話を聞き、フルーツシロップをメニューに加えました。
夏場にショウガシロップを研究した事がきっかけでジンジャーコーディアルができます。
コーディアルって?よく聞かれます。
コーディアルとネーミングすると身体に良い作用がある等の意味が加わります。
ショウガのあったまり作用を強調するにはこのネーミングがぴったりでした。

そして10月、リンゴシロップを作った際の出涸らしのリンゴからグラノーラが生まれます。
スタッフが作って来たグラノーラがひっそりとメニューに加わります。
感度の高いお客様から好評を頂き数種類のグラノーラを販売しました。
2011年5月、テレビ等のメディアに登場する事がきっかけでジンジャーコーディアルがヒットアイテムになりました。
持ち運びが楽なように今のサイズになったのもこの頃です。
そして9月、某業者向けの発表会でnoritake x Papielabo.のグラノーラ保存缶が登場します。
この頃からグラノーラがフラクタスの主流アイテムになってきました。

2013年10月。千駄ヶ谷店クローズ

2014年4月 松屋銀座店オープン

2016年5月 福岡市薬院加工所内にイートインスペースオープン

理念

KEEPIN’ IT REAL
GOOD QUALITY OF LIFE IS ALWAYS WITHIN REACH

目標

美容と健康を意識した感度の高いお客様からお子様、お年寄りまでより多くのお客様に愛される事を目標としてます。

ビジネス的視点

小売店への卸業務を中心に飲食店のメニュー開発、飲食店向けの材料の供給、飲食店のプロデュース等を行う。