FTACR170324078

フラクタスジンジャーコーディアルファンのみなさまお待たせしました。ジンジャーコーディアル3種類本日より発売です。

ジンジャースタンドオープンに合わせて新しくロゴやパッケージを新しくしました。

ロゴはおなじみPAPIELABO.さん。生姜をイメージさせる有機的なロゴ、生姜のフォルムを連想させるラベルも素敵に仕上がりました。

おなじみの瓶入りからパウチパックに変更しました。瓶入りは重くて持ち運びが大変、捨てるのが手間が掛かると何かと不便なご意見を沢山頂いておりましたので、軽くて捨てるのが楽なパウチパックを新たなパッケージとして選びました。これで鞄に入れて持ち運びができますね。
もちろんコストダウンにも成功してます。

味ももちろん少しバージョンアップしてます。折角、大分県臼杵市で製造をして頂いているので大分の名産のかぼすを使う事にしました。今までより少し円やかな口当たりになっております。スパイスやハーブは以前よりグッと効かせています。ちょっとだけ使う量を増やして味にパンチをだしてます。

さあ、リピート率ナンバーワンのコーディアルの発売はこちらからどうぞ。
お得な3種セットをまずはお勧めします。
通常3本で3,600円(税抜き)をオンライン特別価格3,000円(税抜き)で販売しております。

GW営業のお知らせ

いつもフラクタスを選んでくださりありがとうございます。

感謝の気持ちを込めまして、普段はお休みのGW期間中の営業をします。

◎薬院グラノーライートイン
営業日:4月29日 5月1日~6日
休日:4月30日、5月7日
営業時間:7時より16時 最終入店15時30分

GW中は混み合う事が予想されます。
混雑時にはスタッフより声をかけさせて頂く場合があります。
その際は大変恐縮ですが席の譲り合いにご協力下さい。

◎警固ジンジャースタンド
営業日:4月29日~5月1日 5月3日~7日
休日:5月2日
営業時間:10時より18時 

DSC_4935

糸島シトラスグラノーラはまだフラクタスが千駄ヶ谷にあった時代から、桜が終わる時期に毎年製造されるグラノーラです。

私が(すいません、、久しぶりにオーナーの成田がブログ書いてます。)
福岡に移住した年に出会った高橋農園。
糸島の海に面して開かれた土地で栽培される本当に美味しい柑橘類との出会いが、ネーブルのシロップをつくるきっかけになりました。

そのネーブルシロップをグラノーラに使えないか?というところからシトラスグラノーラの開発が始まりました。

高橋農園さんを紹介した記事はこちらをご覧下さい。

http://fructus.jp/ドライフルーツ農家に会いに%E3%80%82/

http://fructus.jp/fresh!citrus-granola!/

さて、このグラノーラ、味のポイント、作り方のポイントはやはりネーブルシロップ。

DSC_4727

DSC_4741

DSC_4763

DSC_4810

ネーブルシロップを作った際の輪切りのネーブルも撹拌してソースに混ぜ込みます。

オレンジジュースも混ぜていつもより少し水分の多いソースができあがります。

DSC_4881

DSC_4925

焼き加減が他のグラノーラより難しく、いつもより低い温度でシロップの旨味を飛ばさないように焼き上げます。

DSC_4957

ドライのネーブルも今年は高橋農園にお願いして作って頂きました。酸味、甘味のバランスが良いドライフルーツです。

DSC_5002

DSC_5017

このグラノーラのオススメの食べ方はオレンジジュースをかけて食べる事です。オレンジの風味が増して美味しいですよ!

ヨーグルトもオススメです。蜂蜜を少したらしたらそれはそれは美味しいですよ。

葉物のサラダに混ぜてレモンとオリーブオイルで食べる事も大好きな食べ方です。

シトラスグラノーラ 購入はこちらから
内容量 180g 価格 1,200円(税込1,260円)/限定生産につき完売次第終了

FTACR170324014

足し算、かけ算、ときどき割り算
ジンジャーコーディアル復活のお話

こんにちは、FRUCTUSです。
いつもFRUCTUSのグラノーラを選んでくださり、ありがとうございます。
この度、僕らの原点である千駄ケ谷のお店ができた3月29日に、
福岡の警固にて『FRUCTUS GS フラクタスジンジャースタンド』をオープンする事になりました。

小さなこのお店では、九州産(主に大分県産)の生姜とカボスをたっぷり使った3種類のジンジャーコーディアルと、
POPなオリジナルグッズを販売します。

ジンジャードリンクを立ち呑みできるスタンドもあるので、さくっと一杯どうぞ。

さあ、千駄ケ谷のお店で人気だった、3種類のジンジャーコーディアルの復活です。
スパイスやハーブの風味、カァ〜ッと温まる生姜の刺激的な味、カボスの爽快感。
新たなメニュー、お酒とのマッチングも感動的ですよ。
足して、かけて、割って、空になったら注いで・・・
あなたのエナジーになれたら嬉しいです。是非、GSにお立ち寄りください。

FRUCTUS GS ジンジャースタンド
福岡市中央区警固 2丁目16-6 フィットけやき1-C 
アップルストア天神より徒歩10分
警固交差点より徒歩2分
営業時間 
月、水木金土 12時〜21時
日 10時〜19時
定休日 毎週火曜日

春ですね。なんて、わざわざ誰かに伝えたくなるくらい、春の陽気は気持ちが良い。
ご近所さんにも「暖かいですね」と声をかけたり、道ばたに寝ころぶ猫にも挨拶したくなる。

unspecified

毎年好評をいただいています【イチゴグラノーラ】。
春の訪れとともに今年も登場です。
ピカピカのフレッシュ苺と向かい合うところからイチゴグラノーラづくりスタート!

unspecified

DSC_7778

DSC_8106

今回の自家製シロップにもたっぷりの苺(福岡県産のフレッシュ苺)を使用し、加工場は甘い幸せな香り。
恍惚とはこのことか。そのうっとりする香りを味わうと、ななめ上をみあげて「ほぅ。」とため息をつきたくなるような、軽やかにステップを踏みたくなるような、なんともロマンチックな気持ちになります。

春は夢をみせてくれる。
甘い香りを充満させ作業はつづく。

DSC_7823

DSC_7894

自家製シロップと蜂蜜などを合わせたオリジナルソースをグラノーラ生地に織り交ぜ、カリッと焼き上げます。
(ここでもまた香ばしい甘い良い香りが…!)
恍惚とはこのことなのか。そのうっとりする香りを味わうと、ななめ上を、、、、同上。

詳しい製造風景は過去のブログをごらんくださいね。
「春です、イチゴグラノーラ。」

さぁ、仕上げに花を咲かせましょう。
今年のドライチップのイチゴは「あまおう」。
言わずもがな、あの、あまおうです。

DSC_8139

愛らしいあまおうのドライチップをひとかじり。
ひと噛み、ふた噛み、きゅんっとひろがる若々しい酸味とじんわりした甘み。胸の奥がくすぐったい幸せ。
小さくかたまりになっているところが入っていれば、それはぜひそのままポイッと口へ放り込んでみてください。キャラメリゼしたお菓子のような、香ばしい甘みとほんのちょっとの塩気がたまらなくおいしいですよ。

webは本日より、店頭では3月9日より販売スタートです!
春分を待たずして、ひと足お先にイチゴグラノーラでお花見気分などいかがでしょう。
数量限定ですのでみなさまお早めにどうぞ〜♩

イチゴグラノーラ 購入はこちらから
内容量 180g 価格 1,200円(税込1,260円)/限定生産につき完売次第終了

風は冷たいままですが
たまに訪れる春の日和が心地よいですね。

冬は冬で密な時間の楽しみ方があったけど、やっぱり暖かいと嬉しくなります。もっと暖かくなったらひだまりのある場所で何をするでもなく春うららを味わいたいし、もっともっと暖かくなったらピクニックに出かけたい。なんとなくわくわくする気持ちに、あぁ春に萌え出すのは植物だけではないのだなぁ〜なんて思ったり。

大好評をいただきましたヴァレンタイングラノーラにつづいて、新しいSeasonal Editionが完成いたしました。ホワイトデーにもぴったりな【アップルスパイスグラノーラ】です。さくさくっとしてじんわり甘いアップルとたっぷり入ったスパイスがベストカップルなんです。

DSC_4388

それでは、カップルさんいらっしゃ〜い!

DSC_4047

DSC_4064

色味もカットの仕方も違うドライアップル。

りんごそのものの色の白っぽいドライアップルは、山形県産のりんご「ふじ」。ドライといいつつも噛んでみると くにゃり と柔らかく、さわやかな甘みと酸味がふわり。りんごはこの酸味があってこそ美味しい…!と思うのは私だけでしょうか。
赤茶色がかったドライアップルは、ファクトリーでいちど砂糖漬けにした後にドライにしたもの。こちらはカリッさくカリッと弾けて癖になる食感。食べやすい大きさに砕いているのでぱくっと頬張ってみてください。りんご飴をかじったときのような香ばしさと優しい甘みがお口の中にひろがりますよ。

DSC_4084

DSC_4085

DSC_4129

DSC_4305

DSC_4338

【アップル“スパイス”グラノーラ】の名の通り、
グラノーラ生地にはたっぷりのスパイスを混ぜ込みます。

今回セレクトしたのはシナモンとクローブ。FRUCTUSのグラノーラにはシナモンパウダーをよくつかうのですが、アップルスパイスグラノーラにはたっぷりの量のシナモンパウダーを加えます。その割には、これが不思議とその存在感は控えめ。アップルやレーズン・クランベリーなどの果実の甘みを、品良く感じさせてくれます。思えばパイやコンポートなど、果物とシナモンはいつもお互いを助け合う仲睦まじいベストカップルですものね。

朝がとてもよく似合う
日々に寄り添うようなグラノーラだなぁと思います。
(限定生産ですのでぎゅっと濃密な日々をお楽しみくださいね。)

DSC_4368

そうそう、
りんごの花言葉には「選ばれた恋」「最も美しい人へ」なぁんてものもあるそうですよ。ふふふ。

【Seasonal Edition】
アップルスパイスグラノーラ 購入はこちらから
内容量 100g 価格 700円(税込756円)/限定生産につき完売次第終了

頬にあたるは吹きすさぶ冷たい風。
雪が舞った大寒の候、バレンタイングラノーラが完成しました。
毎年、誰かと誰かの想いを繋ぐお手伝いができて嬉しいです。

DSC_3621

この季節だけのとびきりスウィートなグラノーラは、駒沢のショコラトリー『xocol (ショコル)』さんとの出会いからつづく、心ときめくバレンタイングラノーラ。今年は《 xocolさんの自家製カカオニブ × ココアパウダー × フランスの老舗チョコレートメーカー”ヴァローナ”のチョコレート 》の、ずばり!カカオ三重奏でお届けします。
※ xocolさんの自家製カカオニブに受けた衝撃は、過去のFRUCTUSブログより「バレンタイングラノーラとカカオの秘密。」をご覧ください。

DSC_3424

DSC_3443

DSC_3464

DSC_3460

DSC_3515

カカオ・カカオ・カカオ!といえど店頭やオンラインで販売しているカカオグラノーラとは違う、色味も香りもマイルドな優しいムードのグラノーラ。その優しさの秘密は、配合量が1.5倍になったココアパウダーでしょうか。魅惑的なカカオの中にどこか懐かしさを感じる優しい味。人に例えるなら芯もあるが慎ましさもあるいい女。はっきり意見は言うけど普段は見守ってるよ。みたいな…。

ナッツも加えグラノーラを焼き上げ、きゅうんとしちゃう甘い香りが漂うところへカカオ三重奏の仕上げ。そう、ヴァローナ社のチョコレートをごろりと入れちゃいます。さらに、手作業でひとつひとつドライにされた福岡県産あまおういちごを添えてぱぁっと華やかに。甘酸っぱいドライいちごがこれまたカカオスリー(カカオ・カカオ・カカオ!)との相性抜群なのです。

DSC_3748

DSC_3755

DSC_3766

今回のバレンタイングラノーラはミルクをかけていただくのがベストかも。
(もちろんそのままぽりぽりもおいしいですよ〜!)
口いっぱいに広がるのはミルクに溶けていくカカオのまっすぐなまなざし。
胸いっぱいに感じるそこはかとない穏やかな幸せ。

なかなか素直になれない心の中の柔らかいところが奏で紡ぐ美しい言葉とともに
想いを寄せるあの人へ贈りませんか?
※ 今回のSeasonal Editionはグラム数が100gになっております。
ご友人さまへの友チョコや、ご自身へのご褒美としてもぜひどうぞ。

【Seasonal Edition】
♡バレンタイングラノーラ 購入はこちらから
100g 920円(税込994円)/限定生産につき完売次第終了

「明けましてグラノーラ」!

dsc_3339

毎年FRUTUSの一発目の新作は、抹茶グラノーラがお決まりです。
年に一度の和テイストを心待ちにしてくださるお客様、一年間お待たせしました。

今年は抹茶のセレクトにご注目を!
鹿児島にある“スペシャルグリーンティー”専門店の『すすむ屋 茶店』さんとコラボレーションし、風味豊かな抹茶グラノーラを作り上げました。抹茶といい、トッピングといい、例年とはまた別物のスペシャルな味に仕上がっています(今年は力はいっている!)。
新作の中身をお伝えする前に、コラボパートナーである『すすむ屋 茶店』さんに会いに、オーナーと鹿児島へ訪れました。
まずは、その様子をご覧ください。

dsc_2909
dsc_2968
dsc_2987

『すすむ屋 茶店』さんの本店があるのは、JR鹿児島中央駅から徒歩10分程度の場所。
東京には東京自由が丘に2号店がありますね。
駅から歩いていると、オーナーが「東京なら千駄ヶ谷的な住宅地にあるよね」と言っていました。住宅街なんだけど、少しずつ点々とオシャレな店ができてきてる感じ。ふむ、なるほどね。

お店の外観、潔くてかっこいいです。
自家焙煎茶のセレクトショップということで緑茶やほうじ茶、紅茶まで、いろんな種類の茶葉を選べるので、テイクアウトしたり、ゆっくりイートインもできます。まさに「お茶しにいく」という言葉がぴったり。

dsc_2896

ぜんざいに付いている緑茶をゴクリ。
とっても茶葉の風味が濃くて、苦味も甘味も深く広がりのある味です。
お茶と言うのはこういうことか、と思い知らされるような確固たる主張と、お茶請け(ぜんざい)を引き立たせる包容力があります。
ふぅ〜、深呼吸、深呼吸。

dsc_2985

店主の新原さんご夫妻にもご挨拶を。
旦那さんは気さくでハキハキと気持ちがいい方。いろいろお話を聞かせてくださって、お店のことも教えてくれました。

『すすむ屋』さんは、曾じいさまの代から製造の卸売り業者としてお茶屋を始められて、ここはおばあさまがやっていたお店だったそうです。一旦店を閉じ、長年使われていなかったこの空間を、4年前に新原さんが街のお茶屋さんとして再生させたのでした。

鹿児島のお茶業界ではレジェンド的存在。外観・内観も古き良きムード、だけど窓ガラスに「創業平成二十四年」と書かれていたのは、こういうことだったんですね。

自社で茶葉をセレクトし焙煎も行っているからこそ、一つひとつにしっかり個性があって、どれも安定して美味しい。
新原さんは「特別感ではなく、普通に立ち寄って美味しいお茶を飲める。サクッと飲むスタンド的使い方もいいし、イートインで寛ぐことも」と話します。
今まではブレンドの茶葉が主役だったけれど、10年前に単一農園の単一品種を取り扱うように。ワインやコーヒーと同じスタイルだと聞けば、わかりやすいですよね。

dsc_2969
dsc_2939

今回コラボするグラノーラで使う抹茶について。
鹿児島はお茶の製造業が盛んで、煎茶の栽培も最高峰だけど、実は抹茶に関してはあまり育てていないそう(おそらく気候的なもので)。だから、すすむ屋さんは京都産の抹茶を使われています。石臼でゴリゴリと挽いた、とびきり芳醇で最高品質の抹茶。FRUCTUSで使わせてもらう抹茶もそう。グラノーラの生地に織り交ぜて焼くので、色と香りが飛びにくく濃いめなければなりません。いくつかの種類を試させてもらって、その条件を満たす抹茶をセレクトさせてもらいました。

dsc_3038
dsc_3018

ち、な、み、に、
コラボにあたり、梱包箱とラベルをこれまた鹿児島のデザインオフィス『Judd.』さんにお願いしました!
Judd.の清水さんは、以前からオーナーと親しい仲というわけで、新原さんとともに事務所にて打合せを。
鹿児島は私たちも大好きな街。今回のコラボグラ、仕上がりが楽しみです!

dsc_3001

桜島のド〜ンとした写真は、こちらのオフィスの屋上で見たもの。
雄大な佇まい、灰色のカッコよさ、山と海と街との融合にしばし見とれる私たち。
こんな風に新年も清々しい快晴で迎えたいものです。

さーてさて、福岡は薬院の加工所に戻り、新春グラノーラの製造を始めます。

dsc_3193_karui
dsc_3233

今回の主役、すすむ屋さんの抹茶。
そして、名脇役のクコの実と黒しぼり豆。
和テイストのグレードがうんと上がって、色合いも素敵。

当初、トッピングは甘納豆の案もあったんですが、甘納豆のしっとり感とグラノーラのカリッと感のコンビより、この黒しぼり豆の方がベストマッチだったので「採用!」。表面はサラサラしていて、大粒ならではの中のほっくり感が美味しいのです。

dsc_3064
dsc_3130
dsc_3160
dsc_3248

抹茶は渋味が強いから、優しい甘さを乗せるためにブラウンシュガーと蜂蜜をたっぷり使っています。
見てくださいよぅ、抹茶の量の惜しみなさったら…! 抹茶好きにはたまらない光景です。

お正月の餅つきの準備のように、せっせと生地を交ぜ、和え込み、生地をつくっていきます。
蜂蜜が絡んでいるのもあって、焼く前はテリテリした感じ。
それが焼いた後は、カリッとポリッと香ばしい食感に。
抹茶の緑と、クコの実の赤の配色がとってもキレイ!
赤い小ちゃなクコの実は、美容効果が高いとか。新年早々、縁起がいい♡

dsc_3327

風味と香りは抹茶全開!
噛むほどに芳醇な抹茶の味が広がって、あとから優しい甘さがキュンと馴染みます。
ナッツもたくさん入っているから、食べ出したらもう止まらなくて、ず〜っとポリポリポリ。

dsc_3342

最後に残る粉状の生地。
よく袋の下に残ってしまいますよね。
これをホットミルクに溶かして飲んだら美味しいんじゃないかしら…♡
抹茶グラノーラの贅沢な味を、最後の一口までた〜んとお召し上がりください。

webは本日から発売開始です!
みなさんにとって輝かしい新年の始まりとなりますよう、最高の抹茶グラノーラとともにお祈り申し上げます。

2017年もどうぞ宜しくお願い致します!

【Seasonal Edition】
新春グラノーラ 購入はこちらから
内容量 180g 価格 1,300円(税込1,404円) /限定生産につき完売次第終了

dsc_3378