怪我が完治し1ヶ月ぶりにサッカーに復帰したのだが、直ぐに猛烈なタックルを受けて足首を痛めてしまった。ひどくは無いがリタイアする事にしました。

 時間が空いたのでブログでも更新しようと思います。

 今回のジュース屋ですがいろいろな気持ちでオープンに踏み切りました。2匹目のドジョウを狙うのが好きじゃない性格なので、この分野は日本では前例がないのかなと思った事。邪な気持ちとしてオーガニックが世界的なブームなのかなという事。高城さんの本なんかには昔から結構影響されて来たので今回もオーガニック革命を読んで背中を押されました。他には家具は何だかな~という気持ち。上を目指せば切りがないのですが、自分的にやりきったかなという気持ち。はっきり言えば興味が薄れた。それと人の繋がりでこの話が持ち上がった事が僕の気持ちを動かした。

などなど、挙げれば沢山あるのですが、なんと言ってもやはり自分の興味が『食』にあるからという事が一番の理由です。美味しい物を食べたいという事は誰もが望む事。多分、家具欲しい物欲は我慢できるけど食べたい気持ちは抑えられないんじゃないかな?衣食住と書くけど生きて行く為には食>衣>住なんじゃないかな?住はなんとなく後回しでいいのかな。と感じたのです。健康じゃなきゃ何も出来ない。体を作るのは食べ物、そう考えだしちゃった。高い家具もアートも今は気分じゃないかな。と思っちゃいました。好きで好きで溜まらなかったデザイン家具がなんとなくど~でもよくなった。東京の家賃の高い家から実家に戻って普通に家にあったダイニングテーブルに椅子、何より6畳の部屋1つと畳の寝室だけでかみさんと暮らしてから何にも要らない事に気がついた。もちろんあれば嬉しいけど優先順位を付けると一番最後に家具が来る。服はなんだかんだで毎シーズン買うけど、家具は毎シーズン買い替えない。そんな事を思い生活を見つめ直していると何だか素直になってきた。そしたら嬉しい事に子供ができた。まだ産まれてないけどかみさんのおなかにいる子供の事を考えると幸せでたまらない。それでこの子が産まれて来たら美味しくて安全な物が自分の家の食卓に並んでいるかな?という事から食への興味が始まった。その前から妻はほぼベジタリアンで食には気を使っていたので(誤解の無い様に宗教上とか信念じゃなく健康の為にだから誘われれば肉も魚も食べる)同じ屋根の下にいれば必然的に僕もほぼベジタリアンになった。それで食べ物の中心がフルーツになったわけ。美味しくって美味しくって毎朝のフルーツが楽しみでしょうがなくなった。季節のフルーツを毎朝食べる。それだけで体が元気になった。昼食は外食で、夜はサラダと豆腐が中心。そうしたら2ヶ月で9キロも減量できた。体が軽くて嬉しかった。一度余計な肉を落として、その後から筋トレを始めた。豆乳って凄いと感じたのはこの時。肉食だったときより筋肉の付きが早い。そんな事を体験して体を作るには食べ物だなと感じた。それで徐々にオーガニックの食べ物に興味が湧いて来て日本中から取寄せて食べてみた。これまたうまい。そうしたら産地に行きたくなった。それで日本中を廻ってみた。楽しかった。

自分がよい思いしたのでこれをフィードバックしたいなと思った事も店を始める理由の1つになりました。多分儲からないでしょ。バイト雇ったら直ぐに赤字だろうな~と思い。自分が店に立つ事も決めた。やれるだけやってみよう。そんな気持ち。毎日、店作りに試作作り。何だか楽しい。

もちろん今回は好きだけがモチベーションだけじゃなくちゃんと原価率を計算したりある程度の数字を追っかけて勉強もしている。自分の気持ちだけで価格を決めたりしない(笑い)儲からないけどある程度の数字は出そうと思ってるし勝算もあるからはじめるわけだ。

これも誤解の無い様に書いとくけど、家具が嫌いになった訳じゃなく今は欲しく無いだけ。また興味が湧いたら買うと思う。だって素敵だよ。生活を豊かにするって。でもその前に『食』を少しチャレンジして。それで余裕ができたらまた興味がでるんだろうな~と思う。

人の気持ちなんてコロコロ変わる。今僕の興味は『食』にあるようだ。

合わせてオークション代行は今後も続けようと思っています。まだコレクションを完成させていないリッチなお客さんの為に日々ネットで情報収集してますのでチェックしててください。リクエストもお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>