edf

edf

edf

IMG_20170614_074323

今年もグラノーラ製作には辛い梅雨の時期がやってきました。そんな梅雨の時期がやってくるとシトラスジンジャーグラノーラを作ります。

今年は例年と違い、ドライのレモンが手に入りませんでした。しかし、なんと驚く事に糸島でブラッドオレンジが作られている事を知りました。そこでいつもドライをお願いしている110west.incさんにお願いしてブラッドオレンジのドライを始めて製作しました。見て下さい、この綺麗なドライフルーツ。味がぎゅっと詰まったブラッドオレンジのドライ是非味わって下さい。

そしてもう1つのアクセント、ドライジンジャー。
ジンジャーコーディアルも復活した事もあり、ジンジャーコーディアルを作る際に使った生姜を丁寧にドライにして加えています。ピリっとした風味が良いアクセントになっています。

今時期にぴったりな爽やかなグラノーラ。ヨーグルトと合わせるととても美味しいですよ。

シトラスジンジャーグラノーラ 1,296円(税込み)
購入はこちらから

DSC_4935

糸島シトラスグラノーラはまだフラクタスが千駄ヶ谷にあった時代から、桜が終わる時期に毎年製造されるグラノーラです。

私が(すいません、、久しぶりにオーナーの成田がブログ書いてます。)
福岡に移住した年に出会った高橋農園。
糸島の海に面して開かれた土地で栽培される本当に美味しい柑橘類との出会いが、ネーブルのシロップをつくるきっかけになりました。

そのネーブルシロップをグラノーラに使えないか?というところからシトラスグラノーラの開発が始まりました。

高橋農園さんを紹介した記事はこちらをご覧下さい。

http://fructus.jp/ドライフルーツ農家に会いに%E3%80%82/

http://fructus.jp/fresh!citrus-granola!/

さて、このグラノーラ、味のポイント、作り方のポイントはやはりネーブルシロップ。

DSC_4727

DSC_4741

DSC_4763

DSC_4810

ネーブルシロップを作った際の輪切りのネーブルも撹拌してソースに混ぜ込みます。

オレンジジュースも混ぜていつもより少し水分の多いソースができあがります。

DSC_4881

DSC_4925

焼き加減が他のグラノーラより難しく、いつもより低い温度でシロップの旨味を飛ばさないように焼き上げます。

DSC_4957

ドライのネーブルも今年は高橋農園にお願いして作って頂きました。酸味、甘味のバランスが良いドライフルーツです。

DSC_5002

DSC_5017

このグラノーラのオススメの食べ方はオレンジジュースをかけて食べる事です。オレンジの風味が増して美味しいですよ!

ヨーグルトもオススメです。蜂蜜を少したらしたらそれはそれは美味しいですよ。

葉物のサラダに混ぜてレモンとオリーブオイルで食べる事も大好きな食べ方です。

シトラスグラノーラ 購入はこちらから
内容量 180g 価格 1,200円(税込1,260円)/限定生産につき完売次第終了

風は冷たいままですが
たまに訪れる春の日和が心地よいですね。

冬は冬で密な時間の楽しみ方があったけど、やっぱり暖かいと嬉しくなります。もっと暖かくなったらひだまりのある場所で何をするでもなく春うららを味わいたいし、もっともっと暖かくなったらピクニックに出かけたい。なんとなくわくわくする気持ちに、あぁ春に萌え出すのは植物だけではないのだなぁ〜なんて思ったり。

大好評をいただきましたヴァレンタイングラノーラにつづいて、新しいSeasonal Editionが完成いたしました。ホワイトデーにもぴったりな【アップルスパイスグラノーラ】です。さくさくっとしてじんわり甘いアップルとたっぷり入ったスパイスがベストカップルなんです。

DSC_4388

それでは、カップルさんいらっしゃ〜い!

DSC_4047

DSC_4064

色味もカットの仕方も違うドライアップル。

りんごそのものの色の白っぽいドライアップルは、山形県産のりんご「ふじ」。ドライといいつつも噛んでみると くにゃり と柔らかく、さわやかな甘みと酸味がふわり。りんごはこの酸味があってこそ美味しい…!と思うのは私だけでしょうか。
赤茶色がかったドライアップルは、ファクトリーでいちど砂糖漬けにした後にドライにしたもの。こちらはカリッさくカリッと弾けて癖になる食感。食べやすい大きさに砕いているのでぱくっと頬張ってみてください。りんご飴をかじったときのような香ばしさと優しい甘みがお口の中にひろがりますよ。

DSC_4084

DSC_4085

DSC_4129

DSC_4305

DSC_4338

【アップル“スパイス”グラノーラ】の名の通り、
グラノーラ生地にはたっぷりのスパイスを混ぜ込みます。

今回セレクトしたのはシナモンとクローブ。FRUCTUSのグラノーラにはシナモンパウダーをよくつかうのですが、アップルスパイスグラノーラにはたっぷりの量のシナモンパウダーを加えます。その割には、これが不思議とその存在感は控えめ。アップルやレーズン・クランベリーなどの果実の甘みを、品良く感じさせてくれます。思えばパイやコンポートなど、果物とシナモンはいつもお互いを助け合う仲睦まじいベストカップルですものね。

朝がとてもよく似合う
日々に寄り添うようなグラノーラだなぁと思います。
(限定生産ですのでぎゅっと濃密な日々をお楽しみくださいね。)

DSC_4368

そうそう、
りんごの花言葉には「選ばれた恋」「最も美しい人へ」なぁんてものもあるそうですよ。ふふふ。

【Seasonal Edition】
アップルスパイスグラノーラ 購入はこちらから
内容量 100g 価格 700円(税込756円)/限定生産につき完売次第終了

頬にあたるは吹きすさぶ冷たい風。
雪が舞った大寒の候、バレンタイングラノーラが完成しました。
毎年、誰かと誰かの想いを繋ぐお手伝いができて嬉しいです。

DSC_3621

この季節だけのとびきりスウィートなグラノーラは、駒沢のショコラトリー『xocol (ショコル)』さんとの出会いからつづく、心ときめくバレンタイングラノーラ。今年は《 xocolさんの自家製カカオニブ × ココアパウダー × フランスの老舗チョコレートメーカー”ヴァローナ”のチョコレート 》の、ずばり!カカオ三重奏でお届けします。
※ xocolさんの自家製カカオニブに受けた衝撃は、過去のFRUCTUSブログより「バレンタイングラノーラとカカオの秘密。」をご覧ください。

DSC_3424

DSC_3443

DSC_3464

DSC_3460

DSC_3515

カカオ・カカオ・カカオ!といえど店頭やオンラインで販売しているカカオグラノーラとは違う、色味も香りもマイルドな優しいムードのグラノーラ。その優しさの秘密は、配合量が1.5倍になったココアパウダーでしょうか。魅惑的なカカオの中にどこか懐かしさを感じる優しい味。人に例えるなら芯もあるが慎ましさもあるいい女。はっきり意見は言うけど普段は見守ってるよ。みたいな…。

ナッツも加えグラノーラを焼き上げ、きゅうんとしちゃう甘い香りが漂うところへカカオ三重奏の仕上げ。そう、ヴァローナ社のチョコレートをごろりと入れちゃいます。さらに、手作業でひとつひとつドライにされた福岡県産あまおういちごを添えてぱぁっと華やかに。甘酸っぱいドライいちごがこれまたカカオスリー(カカオ・カカオ・カカオ!)との相性抜群なのです。

DSC_3748

DSC_3755

DSC_3766

今回のバレンタイングラノーラはミルクをかけていただくのがベストかも。
(もちろんそのままぽりぽりもおいしいですよ〜!)
口いっぱいに広がるのはミルクに溶けていくカカオのまっすぐなまなざし。
胸いっぱいに感じるそこはかとない穏やかな幸せ。

なかなか素直になれない心の中の柔らかいところが奏で紡ぐ美しい言葉とともに
想いを寄せるあの人へ贈りませんか?
※ 今回のSeasonal Editionはグラム数が100gになっております。
ご友人さまへの友チョコや、ご自身へのご褒美としてもぜひどうぞ。

【Seasonal Edition】
♡バレンタイングラノーラ 購入はこちらから
100g 920円(税込994円)/限定生産につき完売次第終了

早いもので今年もこの季節がやってきました。
ふんふふふ〜ん、ふんふふふ〜んと鼻歌まじりにお届けする今年の【クリスマスグラノーラ】は見た目もお味もラブリーかつ華やかで気品あふれる仕上がり。

dsc_2582

ベースとなるのは昨年と同じくバナナ×ココナッツ。

ですが今回すぐに目に飛び込んでくるのは、まるで乾いた大地にぱぁっと開いた花のようなドライのイチヂクでは?
そして毎冬のおなじみになっているフランスの老舗チョコレートメーカー・ヴァローナのホワイトチョコレート。
つるんとしたチョコレートが舌の上で滑らかにとろける至福のひとときをお楽しみいただけるように今年もひとかけらの大きさをのこしたままゴロリゴロリと入っています。
あえて塊をのこしたグラノーラから顔をのぞかせるのは厚みのあるドライバナナと、小さくもポッとルビーのような魅惑的な存在感を光らせるフリーズドライのザクロ。
贅沢がぎゅうっと詰まったひと箱になりました。

さぁさぁまずは、昨年と同じくバナナを蜂蜜や油と一緒にミキサーにかけオリジナルのソースをつくるところから。
2016年の【クリスマスグラノーラ】づくり、スタート!

皮ごしに伝わるバナナの弾力。
色ツヤ良く熟れた食べごろバナナをたっぷり使っています。

dsc_2308

dsc_2337

dsc_2320

dsc_2349

ファクトリー内にはバナナシェイクをつくっているときのような甘く懐かしいおやつの香り、。
小さいころはよくおばぁちゃんがバナナシェイクをつくってくれてたっけ、、ほんのり甘くておいしかったなぁ〜なんて記憶を頭の隅にのこしながら、オリジナルソースづくりの隣でオート麦・カシューナッツ・アーモンドスライス・ココナッツフレークなどをブレンドしたグラノーラ生地づくりが始まります。

この生地には隠し味としてカルダモンをプラスしています。
甘いだけではない、爽やかな風が通り抜けるグラノーラの秘密はカルダモンにあるのです。

ブレンドが済んだグラノーラ生地に、先ほどのオリジナルソースを混ぜ込み焼きあげます。

dsc_2375

dsc_2392

dsc_2401

dsc_2419

dsc_2499

こうばしい香りでファクトリー内が幸せの空気でいっぱいになったころ、華やかなクリスマストッピングが並びます。

昨年のクリスマスグラノーラと大きく違うのは、ドライのイチヂクとフリーズドライのザクロがはいっているところ。

dsc_2484_2

ドライフルーツのイチヂクは、
春に販売したイチゴグラノーラでドライのイチゴをつくってくださった「110west.inc」さんにお願いしました。
どの八百屋さんにもイチヂクが並んでいた秋が過ぎ、来年まで会えないのかぁ。と寂しい気持ちになっていたところへ、旬のおいしさをぎゅぎゅっと凝縮させてのカムバック。
フレッシュイチヂクの旬なおいしさとは違うドライならではの奥行きのある甘み(と言いつつもドライドライしすぎていないのが110west.incさんのつくるドライフルーツの魅力。)が、ひと噛みごとに体の中に沁みゆきます。

そしてフラクタス史上初めてとなる、グラノーラとザクロの出会い。
フリーズドライのザクロはサクサクっとした食感で、噛むと弾けるザクロの甘酸っぱさにあごの奥がきゅうぅん。
グラノーラのガリッガリッとした食感とのコントラストもお楽しみください。

ちなみにザクロにはビタミン類、葉酸、鉄分といった栄養価が含まれているそうですよ。
女性の強い味方になってくれるでしょう。

言わずもがなヴァローナ社のホワイトチョコレートが舌の上で体温と溶け合うときの幸せ感ったらまったくもう!
しんと冷えた朝にホットミルクをかけてチョコレートをちょこっとずつ溶かして食べるも良し、赤ワインのお供に…
なぁんてロマンティックな夜もいいのではないでしょうか。

食べたらにっこり笑顔になっちゃう
【クリスマスグラノーラ】完成です。

dsc_2587

dsc_2509

クリスマス期間中は(〜12月25日まで)ギフトクリスマスラッピングも承っております。
どうぞお気軽にお声かけくださいね。
onlineでのご注文の際には「クリスマスラッピング希望」とご記入くださいませ。
※尚、写真はグラノーラギフトセット ギフト包装のラッピングです。
グラノーラ単品でのプレゼント包装は致しかねますので、ご了承ください。

ベースとなっているバナナグラノーラ、実はFRUCTUSグラノーラの中では古顔グラノーラなんです。
千駄ヶ谷でジューススタンドを営んでいたころに開発され愛されて以降、長い沈黙を経て復活したのが昨年の5月。
その年のクリスマスに光を浴び、そこからまた沈黙すること1年。
以前からFRUCTUSをご存知のお客様にとっては待ち侘びる楽しさを感じていただけるグラノーラなのではないかと、、
なぁんて。今年もとびっきりのドレスアップをして登場です。

FRUCTUSオーナーがぽそりとこぼしたひと言。
「今までで一番おいしいかも。」

どうか優しいクリスマスになりますように。

【Seasonal Edition】
クリスマスグラノーラ 購入はこちらから
内容量 180g 価格 1,500円(税込1,620円) /限定生産につき完売次第終了

朝夕をこえるたびに空気が冷えていきますね。
ぎらぎら眩しかった太陽も、どこか切なさを含んだ眩しさを放っているような気がするこの季節。
春、夏と移ろう景色。グラノーラで秋をお届けします。

【 New! おさつグラノーラ 】

昨年も嬉しいお声をいただきました秋のグラノーラ。
装い新たに今年も登場です。

dsc_1132

すっきり爽やかな炭酸ドリンクは、まるで遠くの木から私の耳元にきてとまり鳴いているのかと思う蝉の声や、アスファルトの容赦ない照り返しから救ってくれた。でもふと気がついた。こっくりとろんとして心がほっとする飲み物を求めている自分に。ボルドーカラーのルージュをひいている自分に。あぁ、秋が来たのね。

dsc_0895

dsc_0971

dsc_0810

dsc_0984

dsc_1028

贅沢な生地づくりは昨年とほとんど同じ。

ソースとなるのは、フラクタスオリジナルのジンジャーコーディアル(シロップ)や安納芋のペーストにカルダモン・シナモンを馴染ませたもの。それをオート麦・アーモンド・クルミ・かぼちゃの種などに混ぜ込み焼き上げます。

さらにオレンジピールを加え、トッピングにはほんのり甘い鹿児島の紫芋チップスを同封しました。

dsc_1032

dsc_1064

dsc_1116

ひと口食べればカルダモンのスパイシーな刺激と柑橘の爽やかな香りがお口いっぱいにひろがります。そしてじんわり滲み出るおさつの旨味。ゴロゴロっとしたグラノーラに紫芋の甘い優しさが溶けてゆく。

封を解いてそのままポリポリと味わっていただくのはもちろん、アイスクリームに乗っけたり豆乳をかけたり、ことこと温めたポタージュスープにぱらぱらっとかけていただくのもいいかもしれません。

過ごしやすい秋は短い。
あっという間に冬の前、木枯らし近くになっちゃった!なぁんてことのないように秋をお楽しみください。
そこに寄り添うようにおさつグラノーラがあれば嬉しく思います。

【Seasonal Edition】
おさつグラノーラ 購入はこちらから
180g 1,400円(税込1,512円)/限定生産につき完売次第終了

8-23ブログ-2

フラクタスで人気のドライフルーツ、ナッツをバランスよく
配合したグラノーラを一本のバーにしました。

忙しいときの栄養補給に、アウトドアに、
ティータイムのお供に、あらゆるシーンでフラクタスの
グラノーラが手軽に楽しめます。

一本一本手作りのため、毎月数量限定販売です。

お求めはこちらから

8-23ブログ

季節限定 ベリーグラノーラ

福岡県うきは市の摘みたてブルーベリーで作ったソースを
混ぜ込んで焼き上げた、ひと手間かかった贅沢なグラノーラです。

3種ベリー(ブルーベリー、ホワイトマルベリー、クランベリー)
にナッツの香ばしさをプラス。

お求めはコチラから

voila

何度か製造させて頂いているヴォアラ珈琲さんのグラノーラ。今回はヴァレンタインバージョン。ヴァローナのチョコとオレンジピールを加えたスペシャルな仕上がりです。

フラクタスとヴォアラの出会いは千駄ヶ谷でした。ランドスケーププロダクツが運営するコーヒーキオスクBE A GOOD NEIGHBORではじめてヴォアラの豆を使ったコーヒーを飲みました。スタンド形式の飲食店としてオープン前から情報交換をしていました。実はオープンはほぼ同じ日なんです。

コーヒーキオスクで初めてスペシャルティコーヒーを飲んだ私はすっかり虜になってしまいました。それ以来のファンです。